岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 水道管の凍結予防策と対処の仕方

岐阜 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管の凍結予防策と対処の仕方

2020年07月06日 水道管のトラブル
26

寒冷地に住む方にとって、水道管の凍結は毎年やってくる課題です。特に朝方は冷え込み、場所によっては氷点下10℃、20℃の寒さになるところもあります。そんな環境下、水道管が凍結してしまっては大変です。
それでは、水道管が凍結しないためにどのような予防をすればよいのか、もし凍結してしまったらどのような対処すればよいのかについて、紹介していきたいと思います。

水道管が凍結するのはどんな条件か

氷点下になったからといって、どの家庭でも水道管が凍結するわけではありません。凍結するのには、いくつかの条件があり、それらを満たしていると、凍結しやすくなってしまいます。

氷点下4℃以下
まず凍結してしまう恐れが出てくるのは、氷点下が4℃を下回るような気温の時です。北海道、東北地方の北部では、冬になるとほぼ毎日早朝は氷点下4℃を下回ります。
本州、四国、九州地方では、めったに氷点下になることはありませんが、近年は異常気象になることが多く、今後思わぬ地域が寒冷に見舞われるかもわかりませんので、注意が必要です。

水道管がむき出しになっている
水道管は、外からは見えないように壁や地面に埋め込まれていることが多いのですが、築年数が経過している家などでは、水道管がむき出しになっているところもあります。外気に直接触れてしまうような環境にあると、それだけ気温の影響をもろに受けることになりますので、やはり凍結する可能性は高くなります。

設置されている場所が悪い
水道管が設置されているところが悪いと、水道管が凍結しやすくなります。例えば、北側や日陰などに設置されていると、気温が低くなりやすい場所にあるので、凍結のリスクも高くなります。

さらに風が当たりやすいところも要注意です。風が強い日に風が当たる場所は、気温が外気温よりも低くなります。気温は氷点下4℃以上あったとしても、部分的に温度が低くなり、水道管が凍結することがあります。


水道管の凍結防止策

水道管が凍結しないようにするには、事前に防止策を取ります。ここでは代表的な三つの策を案内します。

水道管の水抜き
最も代表的な防止策が、水道管の水抜きです。水道管の凍結は、水道管の内部に溜まっている水が凍ってしまうことで起きます。つまり、水道管の中から水を抜いておけば、凍結を防止することができます。水抜きのやり方は、まず水の元栓を締めます。そして、水道の蛇口を開いて、水道管の中に残っている水道水を全て出します。出し切ったら、蛇口を閉めておけば大丈夫です。水道管は、キッチン、トイレ、洗面所、洗濯機など、各場所に分岐しているので、全ての水道管の水抜きをしておくことが理想です。

水を出しっぱなしにする
水が水道管の内部に残り、それが止まっている状態が続くと凍結してしまいます。ですから水を常に動かしておくために、水を出しっぱなしにするのも一つの策です。出しっぱなしといっても、ポタポタと水滴が落ちる程度でかまいません。水が動いている状態さえつくれば、氷点下になっても凍結しにくくなります。水道代がかかってしまうことが懸念点ではありますが、寝る前から朝方にかけて行うだけでも凍結リスクは少なくすることができるでしょう。

水道管を温める
外にむき出しになっている水道管に対しては、水道管を温めて凍結を防ぎましょう。凍結しやすい蛇口や水道メーター、給湯器等にタオルや毛布を巻くなどして保温します。風が強いと外れてしまうので紐で縛ったりテープで巻くとより安心です。
室内の水道管は、戸棚を開けておいたり、脱衣所や洗面所の中に暖かい空気が流れ込むようにドアを開けておくと、凍結の可能性低くなります。家によって室温はまちまちですが、水道管のある場所は冷えやすい傾向にあるため、夜中から朝方にかけては、室温を保てるような工夫が必要です。


水道管が凍結したときの対処法

どれだけ予防策をしても、凍結してしまうことはあります。場合によっては、水道管が凍結し破裂することもあります。破裂すると、そこから水漏れが発生して家中水浸しになることもあるかもしれません。漏れた水が凍ると危険なので、すぐに対処する必要があります。

水道管が凍結したときは
凍結した部分に、布やタオルをかぶせて、その上からぬるま湯をかけましょう。温度は40℃ぐらいです。熱湯をかけてしまうと、水道管や蛇口が破裂するため、危険です。水道を開いても水が出てこないときは、凍結している合図です。蛇口を閉めて、凍結した箇所を温めたら、あとは自然に溶けるのを待ちましょう。

水道管が破裂したときは
水道管が凍結により破裂することがあります。その時は、まず元栓を締めて、それ以上水が出ないようにしましょう。そして破裂した箇所に布やテープなどを巻き付けて、応急処置をします。放置すると周りに被害が及びます。アパートやマンションですと、下の階にも影響が及びますので、すぐに処置をしましょう。できればすぐに水道業者に連絡して対応するのが理想です。

水道管の凍結は、朝方の一番冷え込む時間帯に起きることが多く、予防するためには前日から水抜きをしたり、水を出しっぱなしにするなどをして対策しましょう。

もし凍結し破裂してしまったら、ぎふ水道職人へご相談ください。飛騨市、高山市、下呂市、郡上市を中心に、各家庭の水道トラブルに迅速に対応しています。




岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315