【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » トイレのつまりやタンクの故障の時に役立つアイテムとは

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりやタンクの故障の時に役立つアイテムとは

2020年05月26日 トイレのトラブル
1
トイレがつまって水が流れない、どうすればよいか分からなくて困った、という経験をしたことはないでしょうか。トイレは、水場の中で最もつまりが起きやすい場所の一つです。つまりが解消できないと、ずっとトイレが利用できず、生活上大変な不便を強いられてしまいます。
いざ起きた時に困らないように、トイレつまりに役立つアイテムを用意することが大切です。そもそもなぜトイレつまりが起きるのか、役立つアイテムとは何か、紹介していきたいと思います。


トイレつまりの前兆は便器で分かる

トイレがつまる時には、その前に何かしらの前兆が起きているものです。どんなことが起きると、詰まりと判断すればよいのでしょうか。
まずは、水の流れが悪くなることです。いつも以上に流れが悪い、水を流すとゴボゴボと変な音がするという場合は、つまりを起こしている可能性が高いと考えてください。流れが悪いのは、便器の排水口に何か詰まっているか、あるいはタンクの中に異物が入り、水の流れが悪くなっている可能性があります。タンクは蓋を開けると中が確認できるので、流れが悪い時はチェックしてみましょう。
また、水を流すと水位が上がってくるというトラブルが起きることもあります。これもトイレつまりの前兆と捉えてよいでしょう。水を流した直後に水位が高くなり、その後少しずつ水が引いていくという現象が、最も多い症状です。便器の奥や、排水管の中に異物が詰まり、水の流れを止めてしまっているため、水位が高くなってしまいます。
便器の水が減っていて、異臭がする時も、トイレの中がつまっている時に起きます。排水口、あるいは排水管が詰まることで、通気が悪くなり、便器の中に臭いが閉じこもってしまうため、異臭がします。


水のトラブルを引き起こす原因は?

トイレつまりもそうですが、水のトラブルを引き起こす原因の多くは、異物や水に溶けにくいものを流してしまうことです。市販のトイレットペーパーは、水に溶けるため、流しても詰まることはありません。ただティッシュペーパーなど水に溶けない性質の紙を使うことで、排水管がつまってしまい、水が流れなくなってしまうことがあります。
また、誤って物を落としてしまったり、ガムや食べ残しを捨てたりすると、トイレはつまりやすくなります。よくトイレの注意書きに、トイレットペーパー以外は流さないでくださいと書いてあるのは、すぐに詰まってしまうからです。


最も役立つアイテムはラバーカップ(すっぽん)

家庭内でトイレつまりが起きた時に最も役立つアイテムはラバーカップです。通称すっぽんとも呼ばれており、家庭に一つは常備しているところも多いのではないでしょうか。実はラバーカップにはいくつか種類があります。和式トイレ用、洋式トイレ用、そしてツバつきのタイプです。和式タイプは、底が平らになっており、洋式タイプは底が出っ張っています。節水型トイレのような排水口が複雑な形状になっているトイレでは、ツバつきのラバーカップが適しています。
ラバーカップを利用するときは、まず水で周囲が汚れないよう、床に新聞紙やビニールシート、ラップなどを引きましょう。できればトイレは全体をビニールで覆った方がよいです。そして、水位はできる限り低い時に使用します。水位が高い時に利用すると、汚水が溢れてきて悲惨なことになるからです。必要に応じて汚水をバケツなどに取りのぞいておきましょう。
そしてラバーカップを排水口に押し込み、密着させてから勢いよく引っ張ります。これを何度か繰り返すことで、排水口の奥のつまりがとれ、水はスムーズに流れるようになります。
つまりがとれたかどうか確認するためには、バケツでゆっくりと水を流しましょう。いきなりタンクの水を流してしまうと、水量調整ができず、溢れてしまうことがあるので、気をつけてください。


ハイターや洗剤も活躍する

トイレつまりやタンクの故障の時は、ハイターや洗剤が活躍することがあります。トイレつまりの原因の一つに、尿石が付着してしまい水の流れが悪くなることがあります。そんな時はキッチンハイターが役立ちます。キッチンハイターは塩素系の漂白剤であり、トイレにこびりついた尿石を溶かしてくれます。使い方は、まずトイレ内の水を減らし、ぬるま湯で薄めたハイターを流し込みます。あまりに高温すぎると便器がひび割れしてしまうので、50℃前後を目安に用意してください。30分ほど放置して、あとはゆっくりと水を流せば、尿石によるトイレつまりは解消されます。
ハイターの他にも、洗剤は、アルカリ性と酸性のタイプがあり、詰まったものを溶かしたい時に使うとよいでしょう。


どうしても解決しない時は水道修理業者に相談

トイレつまりやタンクの修理には、ラバーカップやハイター、洗剤などを使ってある程度は解消することができます。ただ、いくらやっても流れが悪い時は、業者に相談しましょう。専門知識がないのに無理に解決しようとすると、より事態が悪化したり、便器が壊れてしまうこともあります。


ぎふ水道職人は、岐阜市、各務原市、関市、山県市を中心に、トイレつまりやタンクの修理など、水のトラブル全般の対応をしています。365日無休で、いつでもトイレのトラブルに対応できるので、安心です。過去の実績も豊富で、どんなトラブルでも対処してくれる心強い会社で、岐阜県の指定事業者でもあります。
トイレは生活に欠かせないものなので、トラブルが起きた場合は、放置せずに速やかに解決することをお勧めいたします。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315