岐阜の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|ぎふ水道職人 » 階下の天井にまで被害が出ることもある床の水漏れ

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

階下の天井にまで被害が出ることもある床の水漏れ

2021年06月21日 水漏れトラブル


水漏れの中でも特に気をつけたいのが、床が水浸しになったり、床下から水が漏れていたりするタイプのケースです。床が水浸しになればそれだけ床が傷んでしまいますし、床下からの水漏れはなかなか気がつけないため、見えないところで被害が進行していってしまいます。

また、戸建てではなく集合住宅にお住まいの場合、自宅の床への水漏れ被害が階下のお部屋の天井にまで及ぶ可能性も考えられます。今回は床の水漏れの怖さや、引き起こされる可能性のある被害についてご紹介します!

水漏れで床が濡れたら急いで対処しよう!

水まわりでは、さまざまな理由で水漏れが発生します。たとえば排水パイプがなんらかの原因で損傷していたり、接続部分が緩んでいたり、蛇口内部のゴムパッキンをはじめとしたパーツが傷んできちんと機能しなくなっていたり…その他にも排水管内部の詰まりによる水の逆流など、たくさんの理由が水漏れの原因として考えられます。

水漏れの起こる位置や漏れる水の量によっては床が水浸しになってしまいますし、ときには床が濡れていることに気がついて、初めて水漏れが起きているとわかるケースも。

どんな水漏れであっても速やかに対処するべきなのは変わりませんが、床まで濡れているタイプの水漏れは特に急いで対応したいトラブルのひとつです。水漏れの原因や場所にもよりますが、床が濡れて初めて気がついたようなケースではすでに深刻な被害が発生していることが多いです。自力で解決するのが難しいケースも多いため、水道修理業者へ速やかに連絡するのがおすすめです。

床が水浸しになってしまったときに自分でできる対処法

水漏れによってフローリングの床が水浸しになってしまったら、水漏れを止めるだけでなく濡れた床についてもすぐに対処しなければいけません。すぐに対処できるかどうかで、二次被害を抑えられるかも変わりますので、慌てずに落ち着いて応急処置をしていきましょう!

・雑巾やタオルで床を拭く
床が水浸しになっていたら、そのまま放置するのではなくまずはすぐに水分を拭き取りましょう。止水栓を締めるなどの応急処置で止められるタイプの水漏れであれば、新しく漏れる水を止めてしまえば、床の上にある水は拭き取れるはずですし、水漏れをすぐに止められない場合でもある程度までは減らすことを意識して拭いておきましょう。多少の雑巾やタオルでは拭き取れないほど水量が多い場合には、モップや水切りワイパーなどが効果的です。

・残った水気を新聞紙などの紙類で拭き取る
新聞紙のような紙類は、一般的なタオルや雑巾よりも吸水力に優れています。ある程度の水分を雑巾やタオルで拭き取ったら、残った水気は新聞紙などの紙類を使って隅々まで取り除きましょう。

・床を乾かす
床の上から完全に水気を拭き取った後も、フローリングの床は湿気をたっぷりと含んだままです。水に濡れた後すぐは問題ないように思えても、この湿気を取り除けなければ後々カビが発生する原因となります。部屋の換気をしつつ、除湿器を使ったりドライヤーの風をあてて乾かしたりすると効率よく床を乾かせます。

・アルコールやエタノールで消毒する
フローリングの床を乾かし終わったら、最後にアルコールやエタノールを使って消毒しましょう。水分はなくなったように見えても、目に見えない雑菌はそのまま残っています。特に排水管からの水漏れの場合は、衛生的にも不安ですよね。消毒用のエタノールやアルコールをスプレーで吹きかけてしっかり除菌・消毒しておきましょう。

階下の天井まで水が漏れてしまうことも

一戸建てであっても、床の水漏れは大変なトラブルなのですが、特に二次被害が大きくなりやすいのはやはりアパートやマンションなどの集合住宅です。床が水浸しになるほどの水漏れが起きると、階下の部屋の天井まで水が漏れ出すことがあるのです。天井からの水漏れは、壁や床、家電製品や家具なども濡らしてしまいます。

木製の家具をだめにしてしまうのはもちろん、水が垂れる場所によっては家電製品の故障、漏電被害などが発生する可能性も出てきます。当然壁や天井など建物自体もひどく傷んでしまいますし、カビやダニが発生して階下の部屋に住んでいる方にまで大きな被害を及ぼしてしまうかもしれません。

マンションやアパートで、床が水浸しになるような水漏れ被害が発生したときには、自宅の被害を抑えるだけでなく階下に住んでいる方へも迷惑がかからないよう、迅速な対処を行いましょう。

被害が出ていると気がついたら水道修理業者へすぐに連絡を

床の水漏れ被害は、床下や階下の部屋の天井など、広い範囲に及ぶ可能性もあります。一度はきれいに片付けたつもりでも気がつかないうちにカビが発生していた、床板が傷んでいたなど被害が広がっていることもありますし、程度がひどいと自力でなんとかするのは難しい事態になってしまいます。そんなときには無理はせず、専門の水道修理業者に相談することをおすすめします。

ぎふ水道職人では、各務原市や可児市、瑞穂市をはじめ、岐阜県内の各エリアで水まわりのトラブルに関するご相談・お問い合わせを受け付けています。床の水漏れやその他の水まわりトラブルでお困りの際には、ぜひぎふ水道職人までご連絡ください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315