【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » トイレから悪臭!原因はどこ?

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレから悪臭!原因はどこ?

2021年05月19日 トイレのトラブル


毎日使用するトイレは、毎日掃除をしても臭いのトラブルが起きやすい場所であります。掃除方法も何となくルーティーンで行っていて、正しい方法が分からないい方も多いのではないでしょうか。ここでは基本的な掃除方法と、それでも臭う場合に掃除すべき場所を見ていきましょう。

基本的な毎日の掃除

用意するものは、トイレ用洗剤、トイレ用ブラシ、トイレ用お掃除シートの3つです。トイレ掃除の基本は上から下へ、汚れが少ないところから多いところへ、の二つです。

まず、出窓やペーパーホルダーやドアノブの埃を取ります。便座のフタ、便座の表、便器の外側をお掃除シートでふき取りましょう。その後、壁と床を拭き、最後に便座裏と便器の淵の裏をふき取ります。お掃除シートと洗剤を水で流して終わりです。時間のないときには便座本体だけの掃除でも構いません。3分前後ですぐに終わる簡単な工程なので、汚れが溜まらないように毎日掃除しましょう。

チェックすべき場所と対応

毎日掃除をしていても臭う場合、見るべき場所はいくつかあります。しつこく臭う前に1?2週間に一度はこちらで紹介した場所も掃除することが望ましいです。

1.床と便器の境目
床と便器の間にうっすら見える黒ずみは、影と見間違い放置しがちですが臭いの原因となる汚れです。服についた埃や髪の毛が隙間に入り込み、そこに尿がこびりついて汚れになっていることが多いのです。掃除する際は、ヘラ状のもので隙間の汚れを掻き出した後、ヘラにお掃除用シートを貼り付け残った汚れを拭き取ります。汚れがつかないように隙間を埋める、トイレの隙間様のフィルムも販売していますから、小さい子どものいる家などは使用するのもいいかもしれません。

2.トイレの縁裏
毎日掃除をしていても、トイレの縁裏には尿石といわれる尿の成分が固まり石化したものが溜まりやすくなっています。尿石はアルカリ性なので、付着してから間もないものでしたら酸性の洗剤をつけて擦るだけで除去することが可能です。

しかし、蓄積し時間が経過した頑固な尿石は簡単には落ちません。その場合、尿石用の専門洗剤かクエン酸と重曹を混ぜたものをかけて放置してから擦ると、除去できます。それでも落ちない場合は、サンドペーパーで擦るなどして落としましょう。

3.ウォシュレット裏と接合部の汚れ
ウォシュレット便座を外したことはありますか?実は、尿汚れが蓄積して尿石となりこびりついて悪臭を放っているケースが多いのです。

尿石の掃除方法は先ほど述べた通りですが、あまりに広範囲にこびりついている場合は、トイレットペーパーに酸性の洗剤、もしくはクエン酸と重曹を混ぜたものを浸して汚れの上にパックのように貼り、15分ほど放置してから拭き取ってください。酸性の成分が尿石を分解してくれます。きれいにならない場合はその手順を繰り返してください。

4.便座の細かい傷
陶器でできた便器本体と異なり、樹脂でできた便座は傷がつきやすくなっています。その傷に汚れが入り込み、悪臭の原因となっているケースもあります。復元剤の入った洗剤で掃除する方法もありますが、あまりにも傷が酷いようなら交換を検討しましょう。

5.トイレの壁やドアの汚れ
尿が飛び散り飛散することで、壁に臭いや汚れがこびりつくことがあります。放置すると黄ばみや雑菌の繁殖になるだけでなく、黒カビになる可能性もあります。定期的にトイレ用のお掃除シートで拭いていても、男性が立って用を足している場合などは汚れが取りきれていない場合もあります。臭いが強い場合は、クエン酸を水に溶いたものを壁にスプレーして拭き取ることで、臭いの元を分解できます。

6.天井、換気扇の汚れ
トイレの天井の掃除経験がある方は少ないのではないでしょうか。尿に含まれる成分から発生するアンモニアガスは空気より軽いため、換気を怠ると天井付近に溜まり臭いや汚れとして蓄積することが多いのです。

天井の掃除はハンディモップにドライシートをつけて一度乾拭きし埃などを取ってから、除菌効果のある洗剤を染み込ませたシートで拭けば完成です。換気扇も一度外して掃除機で埃を取ったあとお掃除シートなどで拭き取ればきれいになります。複雑な工程ではないので、気付いた時には掃除するようにしましょう。

7.封水が足りない
アンモニア臭でなく、下水臭い場合は封水トラップの不具合を疑いましょう。封水とは下水の臭いや害虫を防ぐためのトラップ内の水です。その封水が不足しているため、下水の臭いが上がってきている可能性があります。

封水の不足は長時間使用しないことで起こりますが、思い当たる節がない場合は排水管が詰まっている可能性があります。排水管の詰まりを放置すると下水の逆流や水漏れにつながるのです。また、排水管が床下で水漏れするとカビやシロアリの発生、床材の腐敗などの二次被害を招く可能性があります。早めに専門の業者に修理と点検をしてもらいましょう。

トイレの臭いの原因はさまざまな場所にあることが分かりました。すべての箇所を完璧に自分の手で掃除するのは大変です。臭いが強い場合や年に数回の大掃除にはプロの手を借りてみてはいかがでしょうか?

ぎふ水道職人は可児市、高山市、関市、中津川市など岐阜県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際はぜひ気軽にぎふ水道職人までお問い合わせください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315