【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » トイレのタンクの水漏れの原因とは。修理はどうやってやるの?

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのタンクの水漏れの原因とは。修理はどうやってやるの?

2020年06月01日 トイレのトラブル
5
トイレを使っていくうちに、気づいたらトイレのタンクからちょろちょろと水漏れしていることがあります。水を流すたびに水漏れしてしまうと、床や便座が水浸しになり、いちいち掃除しなければなりません。なぜ、トイレのタンクは水漏れしてしまうのでしょうか。その原因を探ります。さらに修理はどのように行うのか具体的に説明します。


トイレのタンクの内部はどうなっているの?便器や排水管と繋がっている?

まず、タンクの内部はどのような構造になっているのか説明します。タンクの上部にはふたがついており、持ち上げると簡単に取れるようになっています。そして、その下にはカバーがあり、そのカバーを外すと中が見えます。中は、上から手洗い管が通っていて、ボールタップとアームを通じて、給水管へとつながっています。給水管の手前は、止水栓がついていて、修理前に水を止めたり、水の勢いを調整することができます。ボールタップの役割は、浮き玉が下がれば給水し、上がれば水を止めるという仕組みになっています。そのため、常に一定量の水を流すことができるのです。
またタンクの右側にはレバーがついています。レバーを開閉することで、タンク内の水を便器へ流したり止めたりしています。
さらに、便器とは排水弁を通じてつながっていて、オーバーフロー管が通っています。これはレバーやフロートバルブなどに不具合が生じて水が過剰になってしまったときに水量を調整してタンクの外へ水があふれ出るのが防ぐ役割であり、この管から便器へと水を流しています。
このように、トイレの内部は意外と複雑な構造になっています。便器とはつながっているのですが、直接排水管とはつながっていません。そのため、仮に排水管が故障したとしても、タンクには影響はないことがわかります。


タンクから水漏れする原因は劣化と異物混入

では、タンクが水漏れしてしまう原因とは何なのでしょうか。例えば、内部にあるボールタップ本体や、アーム、浮き球などの劣化や故障が挙げられます。先ほど説明したように、ボールタップや浮き球は、タンクの内部の水の量を調整する役割を担っています。どれかが故障してしまうことで、適切な量の水を調整できなくなるので、タンクから水があふれるなど、水漏れしてしまうことがあります。
またゴムフロートが本来の位置からずれているなど、設備不良が原因で水漏れすることもあります。ゴムフロートが便器への水の流れを止めているのですが、それがずれてきちんと栓をしていない状態だと、いつまでもタンク内に水が流れ続け、やがて外へと漏れてしまうのです。
そしてよくあるのが、タンク内に異物が混入してしまうことです。子どもがいたずらでおもちゃを中に入れてしまったりすることもあるようです。また、トイレ用の洗浄液や固形の洗浄剤をタンクの中に入れようとして、間違って変なところに落としてしまう人もいます。そのことで内部の部品がずれたり、障害となって、本来の水の流れを妨げてしまうと、最悪の場合タンクの水漏れの原因となってしまいます。


症状からトイレのどこの不具合か判断する

タンクの水漏れといっても、症状がいくつかあり、そこからどこに不具合が起きているか判断することができます。目安となるのは水位です。水位が正常よりも高いか低いかで、切り分けすることが可能です。
例えば、便器に水が少しずつ流れ続けている、という症状だった場合、考えられるのはボールタップの不具合です。ボールタップが正常に働かないため、給水が止まらず、オーバーフロー管よりも水位が上がってしまい、水が排出され続けてしまいます。
また浮き球が破損して浮き上がらないことで、ボールタップから給水され続けて、タンク内に水がたまり続けることもあります。水位が高いということは、それだけ過剰に水が供給されているということです。水を排出する箇所に不具合が起きていると判断し、確認しましょう。
 
逆に水位が低いのは、水が正常な状態よりも、流れ出してしまっているということです。つまり、水を排出する箇所に不具合が起きている可能性が高くなります。
よくあるのが、ゴムフロートの劣化やゴミが挟まっているケースです。ゴムフロートの位置がずれて栓ができずに、水が流れてしまいます。
他にもオーバーフロー管が折れたり破損して、水が流れ出してしまっていることも考えられます。


自分でトイレを修理することはできる?

タンクから水漏れが出ているときは、自分で修理できることもあります。例えば、汚れやゴミによって水の流れを止めているのであれば、内部を綺麗にすれば解決します。浮き球が破損している場合などは、新しいものを買って交換すれば問題ありません。
ただ、ボールタップやパッキン、アームなどの水の量を調整する部品は、交換するのもなかなか難しいです。部品を買ってきても自分で上手く接続することができない可能性があります。部品代もボールタップであれば2000円~1万円近くするので、自分でホームセンター等に行って、部品を探して購入する手間を考えると、最初から業者に相談した方がよいでしょう。業者に相談すれば、部品交換から簡単な修理まで、適切な工事をしてくれます。


タンクの水漏れが起きて、自分で解決するのが難しいのであれば、ぎふ水道職人へ相談しましょう。岐阜市、大垣市、海津市、羽島市、瑞穂市を含む岐阜県全域で水回りの修理を行っており、電話があればすぐに駆け付けます。地元に密着した企業だからこそ、安心価格、親切丁寧なサービス、スピーディーな対応ができます。



岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315