岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » トイレのつまりや排水管が破損した時の修理費用はどれくらいかかる?

岐阜 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりや排水管が破損した時の修理費用はどれくらいかかる?

2020年05月27日 トイレのトラブル
2
トイレは生活するうえで欠かせないものですから、もし故障や破損して利用できなくなると大変です。近所の人に借りるか、お店などで用を足さなければなりません。ですから普段から不具合が起きないように、掃除をしたり、無理な使い方をしないように注意する必要があります。もしそれでも故障してしまい、利用できなくなったときは、どうすればよいのでしょうか。また修理するにはどれぐらいの費用がかかるのか、見ていきましょう。


トイレのつまりの原因は?

トイレの不具合で最も多いのは、つまりです。そもそも、なぜトイレのつまりは起きてしまうのでしょうか。考えられるのは、トイレの構造の問題です。トイレに流れる水の量が少なかったり、流れる水の勢いが弱いと、下水まで流れていかず、奥で詰まりが生じてしまいます。本来は、そうならないように設計されているので、利用していくうちに、水の勢いや水の量に問題が出てきたのであれば、トイレのどこかで問題が発生している可能性があります。
例えば、タンク内の給水を調整している部品や、便器内への排水を調整している部品が故障することです。ボールタップや浮き球、フロートバブルといった部品がそうなのですが、これらが故障したり破損していると、適切な水の量が調整できなくなります。タンク内の水の量が少ないことで、勢いが弱くなり、つまりが起きてしまうのです。

またつまりは、排水管に異物が入ってしまうことでも起きます。洗剤などのキャップやアクセサリーなど、水に溶けない固形物が入り、それが奥の方で詰まり、水の流れを悪くします。トイレには本来水で溶けるもの以外は流してはいけないのですが、誤って流してしまうと、トイレつまりの原因となります。
トイレのつまりは、すっぽんと呼ばれるラバーカップを利用することで解消できることもあります。とはいえ奥に入りすぎてしまうと、ラバーカップでも解決できないため、その時はプロの水道業者に相談したほうがよいでしょう。


トイレが破損するのはどんな時?

次に、トイレが破損してしまった場合のことを考えましょう。そもそもトイレが破損するというのはどういう事態なのでしょうか。トイレというと便器の中をイメージすると思いますが、そこが壊れてしまうことは、ほとんどありません。頑丈に作られていますし、意図的に破壊しようと思わない限り、普通に使っていて自然に破損することはありません。
破損してしまうのは、トイレのレバーであったり、ウォシュレット、タンクの中の部品など、トイレを構成している部分的な箇所です。
例えば、トイレのレバーが戻らない、レバーを動かしても水が流れない時は、レバー本体が破損している可能性があります。レバーハンドルが壊れていたり、タンクの内部とつながっているナットやパッキン、鎖などで異常が起きている可能性があります。
ウォシュレットの故障では、ボタンを押しても反応しない、便座が温まらない、ノズルが出てこない、水が出てこないなどが考えられます。ウォシュレットは機械なので、単純に内部でショートしていて正常に機能しなくなることもあれば、ノズル付近に汚れが溜まって、ウォシュレット自体が出てこなくなったり、水が出なくなることもあります。
また一般的に、ウォシュレットの寿命は7~10年と言われているため、耐用年数を超えて劣化し、正常に機能しなくなることもあります。
トイレは、水を利用する場所であり、毎日利用するところなので、蓄積された汚れなどで故障することもあれば、何らかの力が加わったことで、便座やカバーが破損してしまうこともあります。


業者に修理を依頼すると、どれぐらいの費用がかかるのか

もしトイレがつまったり、破損して自分で直せない場合は、業者に相談してみましょう。業者に依頼した場合、修理する内容によってその費用は異なります。もちろん企業によっても異なりますが、一般的な目安として紹介したいと思います。
例えば、タンク内の部品を交換する作業だった場合は、1万円~2万円ほど費用がかかります。またタンクの脱着有り無しでも費用は変わり、有ると費用は高くなります。またシャワートイレ、洋式便器、タンクを交換するとなると、それぞれ1.5万円~2万円ほどかかるようです。

また、作業内容によっても費用は異なります。例えば、高圧洗浄機を使用する場合は、5万円近く、またはそれ以上の費用が発生することもあります。高圧ポンプやローポンプなどの器具のみで対応できるようなケースの場合は、2万円ほどで済むようです。
ほかにも出張費や材料費、夜間早朝だった場合の料金などもかかります。トイレのつまりなどは、自分で器具を購入したり、薬品を購入して対応することもできます。しかし、トイレの構造が分からなかったり、器具の使い方を把握していないと、かえって事態を悪化させてしまうこともあります。よほどのことがない限りは、業者に相談するのが無難でしょう。


ぎふ水道職人は、郡上市、下呂市、中津川市、恵那市などをはじめ、どこでも出張で駆けつけてくれます。電話、メールにて24時間受付対応可能、見積もりや出張は無料です。また年中無休で営業しているので、困った時に頼りになる業者です。最短で即日対応してくれるため、すぐにトイレのつまりや破損を直してほしいという時には、非常に心強い存在です。トイレの故障に限らず、水回り全般の対応をしているので、何か困ったことがあれば、ぜひお気軽にお問合せください。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315