【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » トイレは特に感染リスクが高いので要注意

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレは特に感染リスクが高いので要注意

2021年03月05日 トイレのトラブル
ぎふ水道職人2

高齢者はより徹底した対策を

新型コロナウイルス(COVID-19)は高齢者ほど重症化しやすく、致死率が高くなる傾向があります。最大の対策は罹患しないことであり、そのためには予防対策が重要です。後遺症が出やすい感染症でもあるので、命を落とさなくても後遺症に悩まされるケースがあります。テレビニュースでは味覚障害に悩まされる人の話がよく取り上げられています。ワクチン接種がある程度行き渡るまでの間は、特に予防対策が必要ですから、家庭内でも対策を行いましょう。

密になる空間は危険なので、トイレと浴室は特に注意してください。ウイルスはものに付着する性質がありますが、空気中に浮遊しているケースもあります。大量に吸入すると感染リスクが高くなるので、マスクをしてブロックしましょう。屋外と比べて屋内は感染リスクが低いですが、確率はゼロではありません。リスクを最小限に抑えるためには、家庭内でもマスク着用が基本です。

二人以上の家庭は常に危機管理を

自分一人で生活している場合と比べて、複数人での生活では新型コロナ感染のリスクが大幅に高くなります。人は自分だけは大丈夫と考えてしまいがちですが、そこに根拠はないのです。自分は絶対大丈夫と考えている人が、実際に新型コロナに感染しています。

トイレは家族全員の共用設備ですから、常に消毒を徹底しておきましょう。手の触れる場所はアルコール消毒をし、ウイルスが残らないようにします。新型コロナ対策をすれば、他の菌やウイルス対策も同時にできるので、風邪やインフルエンザを遠ざけるためにも役立ちます。

家族によって神経質な性格の人もいれば、大雑把な性格の人もいるでしょう。新型コロナ対策で重要なのは、家族で感染対策の取り決めをしておくことです。トイレを使用するとき、小であれば手洗いをしない人は意外と多いですが、たとえ小であっても石鹸をつけて手洗いを行ってください。水道水だけで洗うよりも、ウイルス量を減らすことができます。

ウイルスとの接触を最小限にしましょう

当然ながら排泄物に素手で触れてはいけません。トイレ掃除をするときは、ゴム手袋を必ず使用しましょう。ウイルスに直接触れないことが感染対策の基本になります。下痢をしている家族がいる場合は、ウイルスを便器内の広範囲に飛ばしてしまう可能性があります。

便器が綺麗だからといって、ウイルスが存在しないとは限りません。目に見えないものだからこそ、常に存在すると想定した対策が必要になるのです。トイレ掃除をするときは汚水が皮膚にかからないようにしてください。ゴム手袋とマスク、ゴーグルを着用して作業するのが好ましいです。ウイルスは皮膚以上に粘膜に付着するのを防ぐ必要があります。

手の触れるところは消毒を

自分が手で触るところは、他の人も触ると考えてください。例えばトイレに入室するときは、ドアノブに手を触れるでしょう。ほかにも便器のフタを開閉するとき、水を流すときなども触れるはずです。表面活性剤は優れた洗浄力を有しますが、ウイルスを死滅させるためにはアルコールのほうが効果的です。

市販のアルコールスプレーを用意し、人の手の触れやすい場所を消毒してください。消毒をしないとウイルスが感染力を持った状態で留まるため、感染力が高い状態が維持されます。専用の軍手を用意しておき、軍手にアルコールを染み込ませたうえで、その軍手で気になる部分を拭くように触っていけば効率よく消毒できます。

トイレに備え付けのタオルは、ウイルスが付着しやすいです。ウイルスが付着した状態でタオルを使えば、せっかく手洗いをしたのにウイルスを拡散させてしまいます。手洗いのあとは使い捨てのペーパータオルを使用するのがおすすめです。

外出しなければうがいは不要?

うがいをするタイミングは、外から家に入ったときです。菌やウイルスが口腔や喉に付着している可能性があるからです。花粉を例にしても、目視で花粉の確認はできませんが、知らず知らずのうちに吸い込んでいます。ウイルスの場合も同様であり、無意識のうちに吸入しているのです。だからこそ家に帰ってきたときは、手洗いとうがいが必須となります。では室内にずっといる人ならうがいは不要と思うかもしれませんが、なるべく行ったほうがいいでしょう。

特に複数人で生活している場合、自分は外出しなくても他の人が外出していれば、ウイルスを持ち込んでしまうケースがあります。トイレや浴室などの狭い空間では、ウイルスが浮遊していることもあるのです。だからこそ手洗いとうがいは、外出しない人も行っておく必要があります。

ぎふ水道職人は岐阜市、大垣市、各務原市、多治見市などの岐阜県全域で活動しています。トイレやキッチン、浴室の詰まりや水漏れ修理はおまかせください。水回りのプロとして地元密着型の活動をしており、たくさんのお客様からご利用をいただいています。感染予防対策や衛生管理は徹底していますので、安心してぎふ水道職人にご連絡ください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315