【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » トイレの手洗い場から水漏れしたときの対処法

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの手洗い場から水漏れしたときの対処法

2020年06月08日 トイレのトラブル
7

トイレのタンクの上についている手洗い場は、タンクに水をためる目的と、手を洗う目的と二つの役割があります。蛇口をひねって水が出ているわけではなく、やや複雑な構造となっているのですが、それが稀に故障してしまう時があります。そして故障したことにより、水漏れすることもあります。そんなときはどうやって対処すればよいのでしょうか。詳しく紹介したいと思います。

手洗い管から水が出ない時の原因

基本的にトイレの水を流すことにより、トイレの手洗い場の水も流れるようになります。タンクから流した水を補給するため、また同じ量の水がたまるように調整されているのです。にもかかわらず、手洗い管から水が出ないこともあります。水が出なければ当然タンクの中に水がたまりません。便器の中を洗浄することができなくなるので、トイレが利用できないのと等しいです。
なぜそんなことになるのでしょうか。それには以下のような原因が考えられます。

止水栓が閉められている
止水栓とは、水の元栓のようなものであり、壁面や床面から飛び出した配管に付いています。通常時は、止水栓は開けられたままなのですが、誰かが間違って、あるいはいたずらなどで閉めてしまうことで、水が止まってしまいます。すると当然水が出なくなるのです。

フィルターが汚れている
タンク内に汚れが入らないように、タンク手前の接続部分にフィルターが設置されているトイレがあります。フィルターにもしゴミが目詰まりしてしまうと、水の流れが悪くなります。突然水が出なくなることはなくても、少しずつ水の流れが悪くなっていくようです。

ダイヤフラムの劣化
水圧を調整するゴム部品であるダイヤフラムというものがあるのですが、使用を続けるうちに破れたり劣化することがあります。ボールタップの内部にあり、正常に機能しないと、水が出なくなってしまうことがあります。

ホースに穴が開いている
タンク内にあるボールタップと手洗い管を繋いでいるホースがあるのですが、そのホースに穴が開いていると、当然水が漏れてしまいます。すると、タンク内に水がこぼれてしまい、手洗い管まであがってこなくなります。

このように、手洗い管から水が出てこない可能性はいくつか考えられます。ただ止水栓を除いては全てタンク内で起こっていることです。手洗い管から水が出てこない時は、まずはタンクを開けて、中がどうなっているのか確認した方がよいでしょう。


手洗い管から水が止まらない時は?

手洗い管から水が出ないのではなく、逆に水が止まらなくなる時もあります。水が出続けると、床は水浸しになりますし、水道料金はどんどん上がっていくので困ります。なぜ水が止まらなくなるのか、これもいくつか原因が考えられます。

浮きゴムが浮いたままになる
タンク内にある浮きゴムは、排水管の入り口を開閉する役割を担っています。開閉によって、水の流れが制御され、浮いている状態だと水は出たままになり、排水管の入り口をふさぐと水が止まるようになっています。しかし何らかの原因で、浮きゴムが浮いたままになってしまい、栓ができない状態になることで、タンクに水がたまらず、ずっと手洗い管から水が出続けてしまいます。

オーバーフロー管の劣化
トイレタンクの中にはオーバーフロー管と呼ばれる部品があります。ボールタップが故障して給水が続く時に、タンクから水が溢れないように一定の水量を超えると水がオーバーフロー管に流れて排出される仕組みとなっています。しかし、接続部のパッキンが劣化したり、ボールタップが故障すると、水を調整することができなくなり、水が止まらなくなってしまいます。

手洗い管から水が止まらない時も、同じようにタンクの中に原因が隠れています。タンクの蓋を外し、必ず中を見ましょう。外した状態で水を軽く流してみて、どこに問題があるのか確認すると確実です。


自分で解決できないときは、業者へ相談しましょう

水が止まらない、あるいは出てこない時は、まずタンク内を確認します。ただ、普段の状態がどうなっているのかを見ておかないと、どこに異常が起きているのか分からないのも事実です。もし見てもよく分からない、解決が難しそうであれば、早目に水道業者に相談するのがよいでしょう。
業者に連絡したら、まずトイレの中を見てもらい、修理が必要なら見積もりを出してもらいます。その内訳をみて問題なければ、正式に修理を依頼しましょう。事前に費用を確認せず依頼すると、のちのち言った言わないで揉めることもあります。お互いに気持ちよく対応できるように、慎重に話を進めましょう。
手洗い管の修理に関しては、排水管などの工事は発生せず、部品交換などで対応できます。費用も、出張費を合わせても、10,000円内で収まることがほとんどなので、安心です。


ぎふ水道職人では、高山市、飛騨市、郡上市、下呂市、中津川市を中心に岐阜県全域を対応エリアとし、ご家庭の水回りの困りごと解決をサポートいたします。水回りの故障は、生活に大きな影響を与えてしまうため、スピーディーな対応が求められます。最短当日で駆け付け、できる限り早く解決できるように善処します。もし困ったことがあれば、まずは気軽に電話やメールで相談してください。地域の企業だからこそ、地元の方に安心して任せもらえるパートナー的存在となることを目標に、日々企業努力を続けています。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315