岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » キッチンが臭いのは何が原因?

岐阜 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンが臭いのは何が原因?

2020年06月29日 キッチンのトラブル
21

キッチンから嫌な臭いがする。そんな時はみなさんどうしているのでしょうか。キッチンは料理をするところなので、嫌な臭いがしたら困りますね。すぐにでも臭いを消したいところですが、発生源が分からないとなかなか完全に消すことはできません。キッチンの臭いの原因とは何なのか、そしてどうやって解消すればよいのか、解説していきます。

キッチンの臭いの原因は排水溝

キッチンが臭うときの原因として、最も考えられるのが排水溝です。排水溝は手に届かないところなので、いくらキッチンを掃除していても蓄積された汚れが臭いの発生源になっている可能性があります。そしてさらに原因を大きく分けると、2つ考えられます。

1.蓄積した食品や油による腐敗臭
キッチンでは調理をするたびに、食品や油が排水溝に流されていきます。見た目には綺麗に見えていても、シンク下の排水パイプや排水管の中には、食材カスであったり油が蓄積していきます。そして、流されずに溜まった食品と油はやがて腐敗臭を発生させてしまいます。使用した油は凝固剤などでしっかりと処分しているという人であっても、食材から発生する油までは処理しきれていないこともあります。肉だけではなく、魚やサラダに利用するドレッシングに含まれるオイル、調味料などに含まれる油もまた、臭いの原因となるのです。
特に長く同じ家で住んでいる人は、要注意です。蓄積した汚れを掃除する機会がなく、いつのまにか排水溝の奥が酷い状況になっているかもしれません。

2.排水管から流れてくる逆流臭
排水管は、下水へと続いていきます。下水には、生活排水から出るさまざまな汚れが蓄積されているので、当然臭いもきつくなります。ただ普段はこの下水の臭いが家の中に流れてくることはありません。なぜなら、各家庭のキッチンの下には、排水トラップがあるからです。排水トラップは、キッチン下の排水管がS字状にカーブになっていて、上に伸びている排水管が、いったん下に下がり、そこから上に伸びています。いったん下がった場所には、水が溜まるようになっており、そこで臭いや、害虫が下から上がってくるのを防いでいます。
しかし、これらの排水トラップに汚れが蓄積されて、上手く水が溜まっていなかったりすると、臭いが下から排水管から上げってきます。また、よくあるのが排水枡に蓄積された油汚れにより、下水道まで排水が流れないことです。排水システムが上手く稼働していないことで、排水管から悪臭が逆流してきてしまうということです。


悪臭を解消する方法とは

キッチンの悪臭を対策する方法はいくつかあります。まず家庭でもできる簡単な方法は、市販されているパイプユニッシュなどの洗剤を使った掃除です。パイプユニッシュをキッチンの排水管から直接流し込み、しばらく時間がたってからお湯で流します。すると、排水管の中にこびりついた油汚れや食品カスなどが落ちて、下水へと流されていきます。洗剤を流し込むだけなので非常に簡単ですし、こまめにやることで、汚れが蓄積されるのを予防することもできます。

防臭ゴムを使った対策もあります。シンクの下にある排水ホースとパイプは、床下の塩ビ管と繋がっています。この間に隙間があると、そこから下水のような臭いが漏れてくることもあります。それを防ぐためには、排水ホースに防臭ゴムを付けて、隙間を埋めます。そうすれば、隙間から悪臭が漏れてくることはなくなります。
ただやり方は、配管を分解する必要があり、若干難易度が高いです。作業が苦手な人は無理をせずに、業者に依頼する方がよいでしょう。

排水トラップの汚れからくる臭いには、排水トラップを掃除することで解消されます。バケツを下に置き、排水トラップにたまっている水を出し、中を清掃することで、蓄積された汚れは取れ、また正常に水が溜まるようになります。そうすることで下水から上がってくる臭いを防ぐことができるようになります。


普段から臭い対策をしておこう

キッチンは、食品を扱う分、臭いが発生しやすくなる場所でもあります。油断したらすぐに汚れが溜まってしまうため、普段から臭い対策をしておくことが大切です。例えば、キッチン用のハイターなどで定期的に清掃することもおすすめです。台所用の漂白剤ですが殺菌・除菌効果もありますので、雑菌がたまりにくくなります。雑菌は臭いの元となります。普段から菌が溜まりにくい環境を保つことを意識しましょう。

また生ごみ対策も大切です。生ごみを三角コーナーに捨てたり、ゴミ受けトラップに溜めておくと、そこから油が流れ出たり、腐敗臭がしてキッチン中臭いで蔓延してしまいます。生ごみは新聞紙でくるむなどして、直接ゴミとして捨てましょう。キッチンには溜めないことが大切です。ディスポーザーや生ごみ処理機・コンポストを使うのも有効です。
ただディスポーザーは、戸建てであれば設置できるかもしれませんが、アパートやマンションでは管理会社や大家さんの許可がいるため、難しいかもしれません。

キッチンから悪臭が漂ってきて自分では解消できそうもない、そんな時はぎふ水道職人へご相談ください。岐阜市の他、郡上市、高山市、下呂市、飛騨市などを中心に、各家庭のキッチントラブルを解決しています。キッチンだけではなくお風呂場やトイレ、洗面所など、水回りのことなら何でも大丈夫です。すこしでも不安がある方は、まず一度ご連絡ください。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315