【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 台所の排水口がつまってしまう理由

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の排水口がつまってしまう理由

2020年06月23日 台所のつまり
17

台所の排水口は、定期的に綺麗にしていますか?台所は油や洗剤を使うところなので、最も汚れやすいところです。こまめに掃除をしていなければ、すぐにつまりが起きて水が流れにくくなります。そもそもなぜ台所の排水口がつまってしまうのでしょうか。その原因について紹介していきたいと思います。

台所のつまりの大きな要因は油汚れ

家庭の中にある水回りの中で、台所は他と違うことがあります。それが、油を使うところだということです。油は、水と混ざりません。水と分離してしまうため、上手く流れていかず、つまりの原因となってしまうことが多いのです。
浴室でも、皮脂や洗剤、石鹸など、油が含まれるものはありますが、キッチンほどは利用されません。台所は油そのものを扱うことが多いので、最もつまりやすい場所となります。

かつて日本では魚料理が中心であり、さほど油を使った料理は多くありませんでした。しかし現代では和洋中とさまざまな料理が行われるので油分も増えてきたのです。肉料理が最も脂分が出る料理であり、揚げ物、焼き物をした後に正しく処分をしなければなりません。

油を排水口に流さないようにするには、フライパンについた油をキッチンペーパーでふき取ること。揚げ物で使った油は市販の凝固剤で固めて、燃えるゴミと一緒に出さなければなりません。また油を直接排水口に流すことは絶対にやってはいけません。油が流れた排水溝の中に冷たい水が流れることで、油が固まってしまい、排水管の内側に付着します。
そして排水管のS字カーブの部分に油がたまってしまい、食器用洗剤と合わさると、ラード状になり、大きな塊となります。これらは全て排水口のつまりの原因となってしまいます。


自分でできるつまり解消法とは?

台所のつまりは、自分で解消することができます。その解消法を説明したいと思います。

1.ゴミ受けネットから食材カスや油汚れを取り除く
排水口でまず最初に見えるのがゴミ受けネットです。排水管に直接食材が流れてしまわないように、ここで大きな食材カスをキャッチしてくれます。ただ、このゴミ受けネットはかなり汚れやすいです。細かな溝がついていて、そこから水が流れるようになっているのですが、油汚れで塞がってしまうことが多いです。スポンジ等でマメに綺麗にしておく必要があります。溝の汚れは、爪楊枝など細いもので取り除いてあげると、見違えるように綺麗になります。

2.ワントラップを外し、排水管の入り口を綺麗にする
ゴミ受けネットを外すと見えてくるのが、ワントラップと呼ばれるカバーのようなものです。左まわりに回すことで取れるようになっているので、つまりを直す時は外しましょう。そうすると排水管の入り口が見えてきます。ちなみにこのワントラップは、排水溝から悪臭が上がってくるのを防ぐ役割をしています。
このあたりも、油汚れがたまりやすい場所です。まずワントラップ自体も、スポンジやブラシなどで内側を含めて綺麗にしてあげます。そして排水管の入り口周辺も油汚れをスポンジ等で落としてあげましょう。

3.パイプクリーナーやピーピースルーを排水管へ流し込む
そしていよいよ排水管の中の汚れを落としていきます。ここでは、市販のパイプクリーナー、あるいはピーピースルーを用意しましょう。パイプクリーナーはよく聞くと思いますが、ピーピースルーは聞いたことがないという人もいるでしょう。どちらも排水管や排水口の汚れを落とす洗浄剤なのですが、前者は液体タイプなのに対し、後者は粉末タイプです。
パイプクリーナーは、直接液体を排水管の中に流し込み、そのまま30分~1時間ほど放置しておきましょう。液体が徐々にパイプの中を伝って、汚れを落とします。
ピーピースルーを使う時は、必ずゴム手袋をしてください。強力な洗剤のため、手に直接ついてしまわないよう気をつけましょう。粉末をまず排水口の入り口にふりかけ、そこにお湯を注いでいきます。すると粉末が徐々に泡立っていきますので、あとはそれを排水管の中に流し込んでいくだけです。
こちらも30分~1時間ほど放置すれば、汚れが落ちていきます。排水管の中だけではなく、シンク全体にも利用できますので、泡立てたら、満遍なく広げていくとよいです。

これらの手順を実施してみて、それでもつまりが解消できない場合は、固形物が中につまっているかもしれません。ラバーカップを使って、つまりを取り除いてみるのもよいです。


排水口つまりを発生させないためには

排水口つまりが発生してから対処するのではなく、つまらないように日々気をつけるのが大切です。キッチンを使ったら、必ず油汚れは掃除をし、ぬるま湯で一定時間流し続けます。そして、ゴミ受けネットのごみはこまめに捨てて、食材カスが流れていかないようにしましょう。
油汚れは蓄積してしまうことが危険なので、定期的に排水管の中も洗浄剤などで綺麗にしておくことも必要です。

ぎふ水道職人では、各家庭の水回りトラブルを解決するために、岐阜市、各務原市、瑞穂市、瑞浪市、中津川市を中心に活動しています。台所の排水口のつまりは、比較的自分で解決しやすい問題ではありますが、あまりに放置してしまうと、手遅れになることもあります。排水管の奥で油がつまってしまい、どうにもならないこともあります。そんな時は、一度ご相談ください。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315