岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 台所詰まりの原因と直し方

岐阜 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所詰まりの原因と直し方

2020年06月22日 台所のつまり
16

台所は、家の中でもつまりが起きやすい場所です。毎日利用しますし、食材カスや油、洗剤など、多くのものが流れていくため、マメに掃除をしていなければすぐにつまってしまいます。つまりがどのように発生するのか、そしてどうやって直せばよいのか、原因と対処方法について詳しく解説していきたいと思います。

つまりを引き起こす5つの原因

つまりを引き起こす原因となるのは、大きく分けて5つ考えられます。

食べ物くずやヌメリ
日々の調理から出る食べ物くずであったり、ヌメリなどが徐々に蓄積されていき、排水口や排水管につまってしまうことがあります。食べ物くずは、細かいものであれば、直接排水管へと流れていきますが、大きいものは途中で引っ掛かってしまい、水の流れを悪くしてしまいます。そこに油などが原因でのヌメリが発生すると、完全に塞いでしまいますので、つまりが酷くなります。

洗剤や石鹸カス
食器を洗う時の洗剤や、手を洗う時の石鹸のカスなども、排水溝に蓄積されていくことでつまりの原因となります。洗剤は一見、水と一緒に流れていっているように見えます。しかし泡状になり、上手く流れていかずに排水管や排水トラップに残ってしまうことがあります。それが徐々に固まり、固形状になることもあるのです。

植物油脂や動物油脂のかたまり
料理をする時に利用する油は、処分の仕方を誤ると排水管のつまりの原因となってしまいます。植物油脂は、食材を焼いたりする時に利用される油であり、動物油脂は食材から出る油です。これらの油は水に溶けないため、分離して固まってしまいます。固まった油は徐々に蓄積されていき、ある日突然水が流れなくなることがあります。

排水桝のつまり
排水桝と呼ばれる、家庭の生活用水全てが行きつく場所があるのですが、そこがつまってしまうことがあります。排水枡には台所以外の、お風呂場や洗面所、トイレなど各箇所から汚れが蓄積されていきますので、知らない間に水の流れが悪くなり、台所でも水が流れなくなることがあります。

洗剤のキャップやスポンジなどの固形物
洗剤のキャップやスポンジなどの固形物を間違って流してしまい、排水管の奥でつまってしまうこともあります。洗剤のキャップは流してしまうとすぐにわかると思いますが、スポンジのカスなどは、なかなか気付かないことがあります。どんどん蓄積されていくことで、ある日突然水が流れなくなってしまうという事態を引き起こしてしまうこともあります。


つまりを直す方法とは

台所でつまりが起きた時は、軽度の場合自分で対処することができます。今回はその中の代表的な方法をいくつか紹介します。

パイプクリーナーを使う
市販されている洗剤のパイプクリーナーを使う方法です。まず使う時は、換気扇を回して換気をします。そして、排水口の蓋を開け、さらに排水トラップを外し、中央に穴が開いているのが見える状態にします。その穴に直接パイプクリーナーを流し込みます。その後15~30分ほど放置してください。時間がたったら、多めの水を流します。
この時注意したいのは、必ず水で流すということです。お湯や熱湯などは、塩素系のパイプクリーナーから有毒ガスを発生させてしまう可能性があります。また、パイプクリーナーを完全に流しきれるように、気をつけましょう。そして汚れが目に見える箇所に残っている場合は、スポンジ等で擦って掃除してください。

重曹を使う
重曹を排水口に入れます。目安としてはスプーン一杯分ぐらいで構いません。そしてお湯を流しこみます。先ほどとは違い、水では溶けずに固まってしまうことがあります。また熱湯だと重曹は溶けますが、配管にダメージを与えてしまいます。排水管は60℃までしか耐えられないと言われているため、必ず40~50℃のお湯にしましょう。1時間ほど放置をしてから、ぬるま湯で流しこみます。また重曹だけではつまりが取れない時は、クエン酸でもやってみると良いでしょう。重曹は酸性の汚れに対して、クエン酸はアルカリ性の汚れに対して有効です。

ラバーカップを使う
トイレのつまりの時に利用するラバーカップのように、台所のつまりにも真空式のパイプクリーナーが使えます。
ラバーカップよりも吸引力と圧力が強いので、ガンコなつまりにもおすすめです。


自分で解決できない時は?

台所のつまりを自力で解決できない時は、できるだけ早めに水道業者に相談しましょう。自分でできるのは、あくまで目に見える場所の排水溝や排水管などです。もしつまりの原因がかなり奥の方にあったり、排水枡がつまっていると、自分では解決できません。水道業者は、高圧の水圧洗浄機があったり、工事をして原因を取り除くこともできます。
例えば、固形物がつまってしまったことが原因の場合、下手に自分で解決しようとして、余計に奥にいってしまい取り除けなくなることもあります。あまりにつまりが重度の場合は、専門業者に相談するのが無難です。

ぎふ水道職人では、高山市、飛騨市、下呂市、郡上市、中津川市を中心に、各家庭の水回りトラブルを解決しています。台所がつまり排水できなくなると、調理ができなくなってしまいます。コロナウイルスによる自粛などにより各家庭で自炊することも増えたと思いますので台所のつまりを放置しておくわけにはいきません。自分で解決しようとしてもつまりが直らない時には、まずは気軽にご相談ください。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315