岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 洗面所で水を出したら濁っていた!?どうすればいいの?

岐阜 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所で水を出したら濁っていた!?どうすればいいの?

2020年06月17日 洗面所のトラブル
14

ある日、洗面所を利用しようとして蛇口を捻ったら、水が濁っていた。そんな経験をしたことがある方はいるでしょうか。気づかずに濁った水を口にしてしまったらと考えると、ぞっとしますよね。なぜ水が濁ることがあるのでしょうか。そして、どうすれば元通りの水に戻るのでしょうか。水が濁る原因と、対処方法について説明いたします。

水の濁りには3種類ある

濁りと一言でいっても、水の色がさまざまに違います。大きく分けると3種類の濁りがあり、なぜその色になるのか理由も異なります。それぞれの違いについて説明いたします。

赤い濁り
水が赤く濁ってしまうことがあります。また赤というよりも、茶色っぽい色の時もあります。これは鉄が混じってしまっているからです。なぜこのような色になるのかというと、配管の中でサビが発生して、それが水道を捻った時に水に混じってしまうからです。サビが発生する原因は、長期間使用していないことや、水道管が錆びてしまった、家の近くで断水など大きな給水・給湯管工事があったなどの原因が考えられます。
鉄分は1日あたり40~50mgは耐用上限量となっています。つまり、鉄分そのものを体内に入れても問題はないのですが、赤く濁っているということは、かなりの量が含まれている可能性があります。そのため、水が赤いのであれば口にしない方がよいです。

白い濁り
水が白く濁ることもあるのですが、これは一時的に白くなっていることがあります。コップに入れて、しばらく時間を置いたら透明に戻るのであれば、特に問題はありません。白い原因は、ほとんどが空気です。空気が水の中に入り、小さな気泡をつくって水を白く見せているのです。
ただ、稀に白いまま戻らないこともあります。これは亜鉛が多く含まれているため、白色に変色しているのです。亜鉛も人が生きていく上で必要な成分です。1日で35~45mg以下であれば耐用上限量なのですが、あまりにも白い時は、量が多いかもしれません。しかし、亜鉛に関しては必要以上に摂取してしまっても体外に排出されるため、一時的なものであれば、体に害はありません。

黒い濁り
稀に水が黒く濁っていることがあります。黒い場合は、水の中のマンガンという成分が溶け出して、黒くなることが多いようです。マンガンは体に吸収されやすく、毒性はないため、危険なものではありません。ただ、黒く濁っているのは水が汚れている可能性もあるため、迂闊に飲まない方がよいでしょう。


悪臭がする時の原因は?

濁りと共に、悪臭がすることもあります。悪臭にもそれぞれ違いがあるので、その特徴を紹介します。

まず、カビ臭いと感じた時は、天候が関係している可能性があります。台風や局地的大雨など、短時間で想定を超える大雨が降ることがあります。ダムや河川から、浄水場に濁流が押し寄せることで、浄水場のろ過装置機能のキャパシティの範囲を超えてしまいます。その結果、完全にはろ過できていない状態の水が、水道水として出てしまい、かび臭ささを感じるようになります。

またサビ臭いと感じる時は、利用している施設が古いことが原因と考えられます。築年数が古いアパートやマンション、一軒家などは水道管が古くから使われていて、中の鉄さびが剥がれてしまい、水中に混じってしまうこともあります。また建物自体が古くなくても水道をしばらく使っていない時に久しぶりに利用すると、サビ臭い水が出ることもあるようです。

カルキ臭い水が出るときもあります。カルキとは塩素系のことであり、プールなどでよく感じる独特の匂いです。水道水は塩素を用いて消毒しているため、カルキ臭さはあることは珍しくありません。浄水場では、梅雨の時期になると細菌が繁殖するため、普段よりも塩素量を増やして処理しているようです。そのため5~6月に入ると、水がカルキ臭いと感じてしまうことがあります。


どうやって対処するの?

水が濁っている、あるいは悪臭がする時は、自分で対処できるのでしょうか。まず、やるべきことは、水を出し続けることです。水道管の中に長期間入っていたため、濁ったり、悪臭がしてしまう場合は、しばらく出し続けると水が正常な色になったり、臭いも感じなくなります。
しばらく流し続けても、状態が変わらないようであれば、水道管の中で異変が起きている可能性が高いです。この場合、水道管の点検や交換は個人ではできないため、地域の指定給水装置工事事業者に相談しましょう。
もし臭いだけが気になるようであれば、浄水器を取り付けるのも一つの手段です。住んでいる地域によっては水道水をそのまま飲むと、体に合わずにお腹を下してしまう人もいます。浄水器を使うことで、ろ過をして残った塩素やカビ臭を除去できるので、水道水の臭いも改善できるかもしれません。


ぎふ水道職人では、高山市、飛騨市、下呂市、郡上市、美濃市など岐阜県北部を中心に活動しています。水道水を出したら、いつもと違って変な色がしている、臭いがきついなど、異変を感じた場合は、まず相談してください。すぐに点検し、水道水に異常がないか、調査させていただきます。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315