岐阜の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|ぎふ水道職人 » 水道代が高い!考えられる原因とチェック方法・対策を解説

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道代が高い!考えられる原因とチェック方法・対策を解説

2022年12月26日 水回り


普段使いなのにもかかわらず水道代が著しく高くなっている場合は、住宅のどこかで水漏れが発生しているかも知れません。「どうしてこんなに高いの?」と、水道料金を確認したときに不安を覚えたときは、住宅内外の水漏れを確認しましょう。

この記事では水道代が高い場合に考えられる原因と水漏れのチェック方法、対策についてご紹介します。本記事で紹介した原因・方法・対策を取り入れ、不安を取り除きましょう。

水道代が高いなら!「水漏れ」を疑おう


普段の使い方なのにもかかわらず、急に水道代が高くなった場合は、住宅内外の水道から「水漏れ」している可能性があります。住宅には水回りが複数あり、細かく確認しなければ水漏れに気付くことは不可能です。

トイレやお風呂場、キッチンに洗面所など、毎日使う場所の水漏れであればすぐに気付けるものの、敷地内に取り付けられた水回りであれば、水漏れに気付きにくく、そのまま放置していることで水道代が高上がりしている場合があります。

水道代そのものが値上がりした場合や、家族が増えたことによって水道使用量が増えたといった理由がない場合は、自宅の水回りから水漏れが発生している可能性を疑いましょう。次の段落では、住宅内外に発生した水漏れを確認する際に覚えておきたい場所について解説します。

水漏れを確認すべき場所


住宅にはあらゆる場所に水回りが設置されています。設置場所が多ければ、家族が増えた場合やリノベーションした後にはより住みやすい住宅になるため、水回りの数は多くのメリットがあるともいえるでしょう。

しかし、使いやすい住宅を目指したからこそ、水漏れに気付きにくいといった懸念もあります。ここでは住宅に設置される水回りについてご紹介します。これまでと変わらない水道使用量なのに水道代が高上がりした際の参考にお役立てください。

トイレ
住宅によっては複数箇所設置されるケースも多いトイレ。トイレも水回りであり、水漏れの可能性がある場所です。

タンク内部に取り付けられた部品が劣化によって正常に機能していない場合は、タンクからの水漏れや、タンク内の水がひたすら便器内に給水し続けるなどの事象が発生し、水漏れの原因になることがあります。

ただし、トイレは毎日使用する場所であるため、比較的水漏れには気付きやすい場所といえます。トイレでの水漏れに気付いた場合は、トイレタンク内に取り付けられた部品の点検を行い、破損・劣化した部品は同じ型番の新品と交換すると良いでしょう。

お風呂
お風呂場も水漏れしやすい場所と考えられます。特に多いのがシャワー使用後。蛇口を開いたままでも、ストッパーによって水を止められるタイプの蛇口や、シャワーヘッドに付いたボタンによって止水できるタイプの場合、劣化や故障によって細かく水漏れする場合があります。

シャワーヘッドや蛇口など、配水される場所を細かくチェックしましょう。シャワーヘッドや蛇口から水漏れが発生した場合は、シャワーヘッドの交換や蛇口に取り付けられたパッキンなどの部品を新品に交換する、ゆるんだ部品を締め直すなどの方法で改善できます。

洗濯機周り
洗濯機周りも水を使用するため、水漏れに注意が必要な場所です。給水管とつながった部分であるため、必ず確認しましょう。

洗濯機周りで考えられる水漏れとしては、パッキンの劣化によるものやホース、パイプ部分からの水漏れです。ほかにも、ボルトやナットがゆるんだことで水漏れを招く場合もあります。洗濯機周りはさまざまな部品で固定されていますから、モンキーレンチなどの工具を用意したうえで確認を進めましょう。

なお、部品の劣化による水漏れの場合は、新しいものと交換することで改善できます。型番などを細かくチェックしたうえで交換を進めなければ、形が合わず二度手間となる場合があるので注意しましょう。

洗面台
洗面台は洗濯機と近い場所であるため、洗濯機の点検と合わせて行うと良いでしょう。洗面台も複数の部品で給水管をつないでいるため、部品の劣化やゆるみなどを確認すると安心です。洗面台をチェックする際も、モンキーレンチやドライバーなどの工具を用意したうえで進めましょう。

屋外の散水栓や水栓柱
住宅の外に設置された散水栓や水栓柱から水漏れが発生した場合は速やかに気付きにくい部分であるため、必ず確認しましょう。ガーデニングや畑に水やりをした後や洗車後など、しっかり止めたつもりでも細かく水が漏れている可能性があります。

また、凍結や劣化によって水道管が破損している場合、細かく水漏れする場合もあります。屋外に設置された水回りは、特に気付きにくい部分です。水道代が高上がりした際は必ず確認するよう視野に入れておきましょう。

具体的な場所が特定できなかった場合は「水道メーター」をチェック!
これらの水回りを確認したのに、水漏れの場所を特定できなかった場合は、最終的な手段として水道メーターで確認する方法を試してみましょう。水道メーターから水漏れを確認するときは、水道メーターに設置されたパイロットと呼ばれるプロペラ、または円になった部分をチェックします。

各所の蛇口を閉めているのにパイロットが動くようであれば、住宅内外の水回りから水漏れが発生していると考えられます。

水道代を節約する方法


これまで通り水道を使っているのに、水道の基本料金が値上がりすると、家計のやりくりに悩む方も多いのではないでしょうか。

時代や世界情勢の影響によって水道料金が値上がりした場合は、各ご家庭ですぐに始められる節約法を取り入れてみましょう。ここでは節約に効果的な方法を、5つの水回り別にご紹介します。

お風呂
お風呂で活用可能な節約方法は以下の3つです。

・残り湯を掃除などに使う
・節水タイプのシャワーに取り替える
・お風呂とシャワーで使い分けする

お風呂の残り湯は温かいうちに掃除や洗濯に使いましょう。ただし、洗濯に残り湯を使う場合は、ぬるくなったうちがマスト。あまりに熱いと、洗濯槽や排水管の故障につながったり、洗濯の泡立ちが増えてしまい、洗濯機の故障につながったりする場合があります。

また、お風呂の残り湯は油脂が溶け出し、雑菌が繁殖しやすいため、すすぎ洗いでは使用しないようにしましょう。

キッチン
キッチンで活用可能な節約方法は以下の4つです。

・溜め洗いを行う
・洗い桶を使用して洗う
・食洗機を取り入れる
・節水蛇口に交換する

キッチンはご飯支度や後片付けなどで頻繁に使う場所です。だからこそ、洗い桶を使って洗い物をしたり、溜めてから洗ったりするのが効果的です。また、節水機能の付いた食洗機の導入や、節水機能の付いた蛇口への交換も検討すると良いでしょう。

洗濯
洗濯の際に効果的な節約方法は以下の3つです。

・まとめ洗いを行う
・残り湯を使用する
・ドラム式に交換する

食器洗いと同様まとめ洗いを意識する方法や、お風呂の残り湯を使うのが効果的です。ただし、お風呂の残り湯は皮脂が溶け出し、雑菌が繁殖しやすい環境です。

洗濯に使い回す際は「洗い」のときだけにするよう注意しましょう。また、あまりに高温でも洗剤泡が立ち過ぎることで、洗濯機の故障や排水管のつまりを引き起こしかねません。お風呂のお湯はぬるま湯になってから使用するよう意識しましょう。

トイレ
トイレに効果的な節約方法は以下の3つです。

・「大」「小」を使い分けする
・何度も流さない
・節水タイプに取り替える

トイレタンクにペットボトルを入れ、給水を抑える方法を取り入れる方もいるかも知れません。この方法だと、トイレタンクに取り付けられた部品が正常に機能せず、かえって故障や異常を引き起こす可能性が高くなります。トイレの節約方法は、水の使用量を調節したり、執拗に何度も流したりしない、節水タイプのトイレに交換するなどの方法を取り入れましょう。

洗面所
手洗いや洗顔、洗面所の種類によってはシャワータイプの場合もあるでしょう。毎日使う洗面所において効果的な節約方法は以下の3つあります。

・洗面器を取り入れる
・水を溜めて歯磨きなどを行う
・節水コマを取り付ける

洗顔を行う場合は、常に新しいお湯を使いたいもの。しかし、お湯や水を流しっぱなしにすると、必要以上の水を使用することにつながり、水道代の高上がりに直結します。

洗顔は洗面器に溜めたお湯や水で行う、歯磨きはコップにお湯や水を溜めてから行う、節水コマを付けて節水を取り入れるなどの方法を取り入れてみましょう。

まとめ


本記事では普段と変わらない水の使用量にもかかわらず、水道代が高上がりした際に考えられる水漏れと確認方法、普段から取り入れられる節水方法についてご紹介しました。

住宅には屋内外に複数の水回りが取り付けられているため、水道の使用量に変化がない場合は、それぞれの水回りを細かく確認しましょう。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315