岐阜の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|ぎふ水道職人 » 風呂のお湯が出ない時に考えられる原因について解説!

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

風呂のお湯が出ない時に考えられる原因について解説!

2021年12月25日 お風呂の直し方

お風呂のお湯が急に出なくなってしまってはとても困りますよね。もしもお湯が出なくなってしまった場合、考えられる原因はさまざまあるので、落ち着いて状況を一つひとつ確認していく必要があります。

原因が分かれば自分で解決できることなのか、それとも業者を呼ぶ必要があるかどうかが分かります。この記事では、風呂のお湯が出ない時に考えられる原因と対処方法を解説していきます。

風呂のお湯が出ない時に考えられる原因


お風呂のお湯が出ない場合、まずは家の他の場所ならお湯が出るのかを確認する必要があります。また水は出るのか、ガスコンロは使えるのかなどによって考えられる原因が変わってきます。ここでは、お風呂のお湯が出なくなってしまった時にチェックするべき点を説明していきます。

■他の場所はお湯が出るか
お風呂のお湯が出ない時は、まずお風呂だけ出ないのか、キッチンや洗面所でも出ないのかを確認しましょう。お風呂だけお湯が出ないのであれば、蛇口で温度調節をしている混合水栓に不具合が起きている可能性があります。

キッチンや洗面所もお湯が出ないのであれば、給湯器のコンセントが抜けていたり、電源がオフになったりしていないかを確認します。次に給湯器の設定温度も確認します。また給湯能力が足りない場合や給湯器の不具合が起きていることも考えられます。その他にガスの安全装置が作動していたり、ガス漏れが起きたりしている可能性もあります。

■水は出るか
お湯だけでなく水も出ない場合は、家全体の元栓やお風呂の止水栓が開いているかを確認します。水道管の工事や点検などで断水を行っていたり、冬であれば自宅の給湯器や水道管が凍結したりしている可能性もあります。また配管や蛇口の不具合の場合もあります。

■ガスコンロは使えるか
お湯が出ない場合はガスが来ていない可能性もあります。キッチンのガスコンロが使えるか確認し、コンロが使える場合はお風呂の蛇口の故障が考えられます。

■給湯器のエラーコードを確認
給湯器のリモコンにエラーコードが表示されていないか確認しましょう。エラーコードが表示されていれば、取扱説明書やメーカーのホームページでエラーコードの内容を確認します。

風呂のお湯が出ないトラブルの解決策


お風呂のお湯が出ないのは、お湯も水も出ない場合とお風呂のお湯だけ出ない場合、そして家全体のお湯が出ない場合があります。ここではそれぞれ考えられる対策を説明していきます。

■お湯も水も出ない場合
お湯も水も出ない場合は、家の元栓やお風呂の止水栓が閉まっている可能性があります。このとき、元栓や止水栓が開いていれば、水道管の凍結や故障、断水などの可能性があります。

水道管の凍結の場合は水道管を温める必要があります。水道の元栓を閉め水道管にタオルを巻いて、その上から40度くらいのお湯をかけていきます。かけた後の水分は再び凍ってしまうので、必ずすぐにふき取るようにしてください。水道管の故障の場合は業者にお願いしましょう。

■お風呂のお湯だけ出ない場合
キッチンや洗面所のお湯は出るのにお風呂のお湯だけ出ない場合は、お風呂の混合水栓の温度調整が出来ていないこと考えられます。この場合はバルブの交換や状態によっては混合水栓の交換などが必要になります。

■家全体のお湯が出ない時
水は出るのに家全体のお湯が出ない時は、給湯器に原因があるケースが多いです。まず給湯器のリモコンの設定を確認します。給湯器のリモコンはお風呂と台所など2箇所にある場合、一方のリモコンが優先設定されています。優先設定されたリモコンの設定温度が低い場合は、設定温度を上げましょう。

次に、給湯器内での電気トラブルが発生している場合もあるため、給湯器のコンセントを抜いて少し時間を置き、再び差し込んでお湯が出るかどうか確認します。

また、給湯器の部品の劣化によって故障が発生している場合もあります。この場合は業者に頼んで修理をお願いしましょう。部品交換で済む場合や本体を交換した方が良い場合もあります。

ガスコンロも使えない場合はガスの元栓が閉まっていたり、ガスメーターが遮断したりしていることも考えられます。ガスメーターの復旧はガスメーターについている復旧ボタンを押すと復旧します。

水回り修理業者を選ぶ際に意識するべきポイント


どうしても原因が分からなかったり、自分では直せなかったりする場合は業者にお願いする必要があります。しかし止水栓が閉まっていたり、給湯器の電源が入っていなかったりという簡単な理由で業者を読んでしまうと無駄なお金がかかってしまいます。「お風呂のお湯だけ出ないのか、キッチンや洗面所のお湯も出ないのか、水は出るのか」という症状と給湯器の種類やエラー表示を最低限確認して、それを業者に伝えてください。

症状と使用している給湯器の種類を正確に伝えれば、業者はどの部品を交換すればよいか大体検討がつきますし、金額もおおよそ分かります。その上で業者選びのポイントについて解説します。

■業者の種類
お願いする業者はガス会社か給湯器メーカー、給湯器の販売工事業者のいずれかです。ガス会社は値段が少し割高ですが、業者選びが面倒だったり、安心感を優先させたりしたい方には向いています。また、給湯器の交換が必要になった場合、本体の割引率が低かったり、選べる種類が少なかったりするのがデメリットです。

給湯器メーカーは部品や本体の調達が早いのが強みです。また自社製品に精通しているので、電話などでも詳しく教えてくれます。逆に給湯器の交換が必要になった場合は、本体の割引率が低くそのメーカーの製品しか選べないことがデメリットです。

給湯器の販売工事業者は競争が激しく、スピード対応や値引き率、アフターサービスが手厚い可能性があります。しかし業者によって当たり外れがあり、その見極めが難しい傾向にあります。

■対応スピード
お風呂のお湯が出ないともちろんお風呂に入れません。夏は汗を流したいですし、冬はお風呂で温まりたいですよね。どれくらい早く対応してくれるかは重要な要素の1つです。

■資格を持っているか
ガスの取り扱いは危険が伴います。しかし無資格で施工を行っている業者も中にはあります。ホームページなどで業者を選ぶ際に資格を持っているかを確認しましょう。

資格には下記のようなものが挙げられます。
・機器設置スペシャリスト:ガスの取り扱い資格。ガス機器の設置や施工に必要な知識や技術を持つことを証明する。
・ガス消費機器設置工事監督者:特定のガス機器の設置や交換工事に必要な知識や技術があることを証明する。
・ガス可とう管接続工事監督者:ガス機器とガス栓の接続に必要な知識や技術があることを証明する。
・液化石油ガス設備士:LPガスを使った設備の設置工事などに必要な知識や技術があることを証明する。
・簡易内管施工士:都市ガス配管の工事に必要な知識や技術があることを証明。

■施工実績
業者の技術力を事前に確認する方法は施工実績です。近所の評判やネットの口コミ、ホームページやSNSなどの確認も有効です。

■丁寧さやアフターフォロー
長く使い続けるものなので不具合や故障はつきものです。「こういった症状の時にはどうすればいいか」など、自分でもできることを丁寧にアドバイスしてくれる業者を選びましょう。事前の電話対応などでも確認します。

まとめ


今回は風呂のお湯が出ない時に考えられる原因と対処方法を解説しました。まずお風呂のお湯だけ出ないのか、それともキッチンや洗面所などのお湯は出るのかを確認します。またお湯も水も出ないのか、水は出るけどお湯だけ出ないのかも確認します。止水栓が閉まっていたり、給湯器の電源が入っていなかったり簡単に解決できる場合もありますが、給湯器の不具合などは業者にお願いした方が良いでしょう。

業者選びはガス会社や給湯器メーカー、給湯器の販売工事業者からメリットデメリットを考慮して選びます。業者には現在の症状や給湯器の種類やエラーコードなどを伝え、考えられる原因と大体の修理費用を確認しましょう。この記事を参考にして、お湯が出ない原因をできるだけスムーズに突き止めて解消してください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315