岐阜の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|ぎふ水道職人 » 洗濯機のトラブルを防止するには?対処法も解説

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗濯機のトラブルを防止するには?対処法も解説

2022年06月30日 その他

洗濯機の蛇口は常に開けっぱなしにしていることが多く、日頃そこまで注意深く確認しませんよね。しかし、洗濯機の蛇口を開けっぱなしにし続けることによって、トラブルが発生するケースがあります。

その多くは、水漏れによるもので、放っておくと被害が拡大してしまいます。では、なぜ洗濯機の蛇口は閉めないといけないのでしょうか?

今回は、洗濯機のトラブルの防止方法やトラブルの対処法について解説します。

洗濯機の蛇口を開けたままにしておくと


洗濯機の蛇口を開けたままにしておくことで、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。水漏れなどの目に見える部わから、床下やホースの内部など、目に見えない部分でも発生します。

では、洗濯機の蛇口トラブルには、どのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、洗濯機の蛇口を開けたままにしておくと起こるリスクについて解説します。

給水ホースの破損で水漏れが発生する
洗濯機の蛇口をあけっぱなしにしておくことで、給水ホースに衝撃が加わった際に、ホースが外れて水漏れを引き起こしてしまいます。また、給水ホースは、洗濯機との接続部分と蛇口との接続部分がありますが、どちらとも水漏れのリスクがあります。

しっかりと接続されていれば、簡単に外れることはありませんが、地震などの衝撃が加わった際には、使い始めるタイミングで確実に接続されているか確認しましょう。

オートストッパーをしていても水漏れが発生する
オートストッパーは給水ホースが外れた際に、自動的に給水をストップしてくれる便利な機能です。

しかし、このオートストッパーの落とし穴は、給水ホースと蛇口の接続部分が外れてしまった時のみ効果があり、洗濯機側の接続部分が外れてしまった場合は機能しません。

また、給水ホースが劣化して穴が空いてしまい、そこから水が漏れている場合でも機能しないので、注意しなければいけません。

給水栓やジョイントが劣化して破損する
洗濯機の蛇口を開けっぱなしにすることで、給水ホースや給水栓、ジョイント部分は、常に水圧がかかっている状態になります。

このように、常に水圧がかかっている状態が続くと、短期間で劣化して破損する恐れがあります。また、破損することで、水漏れが発生します。
洗濯機や蛇口の寿命は、約10年とされていますが、使い方次第では、その寿命が大幅に短くなってしまいます。

接独部分のパッキンの劣化
給水ホースと蛇口の間にあるパッキンですが、洗濯機の蛇口を開けっぱなしにしていることで、水圧がかかり、劣化のスピードを早めてしまいます。

このパッキンの劣化はすぐに破損してしまうわけではなく、時間をかけて劣化していく場合が多いので、気づきにくいのが特徴です。気づいた時には手遅れになっている場合があるので、注意が必要です。

洗濯機の蛇口をあけたままにしておくと水道代はどうなる?


蛇口を開けっぱなしにしているということは、水を常に出していることになり、水道代がかかってしまうと心配する人も少なくありません。

洗濯機の蛇口は、給水ホースがつけっぱなしで、視覚的に水が出ていることを確認できないので、水を出しているという意識が薄い部分でもあります。

しかし、実際には洗濯機の蛇口を開けっぱなしにしていても、水道代が上がることはありません。洗濯機の蛇口を開けっぱなしにしていても、なぜ水道代が上がらないのかという理由は、ソレノイドバルブという電磁弁があるからです。

ソレノイドバルブは、洗濯機スタートボタンを押すことで、自動的に弁が開いて注水を始めます。注水を始めてから、一定の水量に達すると、自動的に弁が閉じて止水してくれる仕組みになっています。
そのため、洗濯機を使い終わった際には、弁が閉じているので水が出てきません。洗濯機の水栓を開けていても問題ないということになります。

洗濯機の蛇口を開けっぱなしにしていても、水道代は上がりませんが、ソレノイドバルブが故障してしまった場合には、注意しなければなりません。ソレノイドバルブが故障して、給水ホースが破損し場合、水がそこから流れ出てしまう恐れがあります。

このトラブルにすぐに気づくことができれば、蛇口を止めることで一時的に応急処置が可能ですが、外出中にソレノイドバルブが故障してしまい、長時間水が流れ出てしまうと、浸水や近隣への迷惑行ためになりかねません。

これによって、長時間水が流れ出てしまうと、普段水漏れに気をつけていても意味がありませんし、それこそ余分な水道代がかかってしまいます。確実にこのトラブルを防ぐには、外出中は蛇口を閉めておくなどの対策が必要でしょう。

また、定期的にホースの亀裂の確認やホースの取り付け部分が緩んでいないか、ソレノイドバルブのパッキンが劣化していないか確認しておくとよいでしょう。

洗濯機まわりのトラブル防止法


ふいに、大量の水漏れが発生したり、給水ホースやパッキンなどの部品が破損したら困りますよね。水道代が上がるだけではなく、室内の浸水や近隣への迷惑行ためにつながるため、必ずトラブルは防止しておきたいところです。

では、洗濯機まわりのトラブルはどのように予防すればよいのでしょうか?

ここでは、洗濯機まわりのトラブルの防止法について解説します。

使用していない時は蛇口を閉める
蛇口を開けっぱなしにしておくことで、給水ホースやパッキンなどに水圧が長時間かかり、劣化のスピードを速めます。

通常時は、蛇口は開けっぱなしでも水道代は上がりませんが、水を出している以上、水漏れのリスクは付きまといます。確実にトラブルを防止するためには、いつどきも蛇口を閉める習慣を身につけておけば安心です。

こまめに掃除をしておく
排水口のつまりを防ぐために、洗濯機を定期的に掃除しておきましょう。

洗濯機は、カビや水アカ、髪の毛やほこりなどさまざまな汚れが付着しやすい場所です。また、掃除の際には、排水口に落下物がないかも確認するようにしましょう。

また、汚れやほこりを取り除くだけではなく、数回に一度は、フィルターなどの掃除を欠かさず行いましょう。

ストッパー付きの水栓に交換する
ストッパーを付けることで、蛇口から給水ホースが外れた際に、自動的に水が止まってくれます。これを付けておくことによって、予期せぬ地震や外出中のトラブルを防げるかもしれません。

洗濯容量を守る
洗濯機に洗濯物をつめこみすぎると、うまく洗濯機本体が回らず、稀に水漏れを引き起こしてしまいます。必ず、規定の洗濯容量を守って使用しましょう。

また、洗剤の使いすぎもつまりの原因になるので注意しましょう。

洗濯機の蛇口トラブルは業者に依頼しよう!


洗濯機の蛇口トラブルは、業者に依頼して相談することで早く解決できるかもしれません。

洗濯機の蛇口のトラブルは症状によって、自力では対処が困難であり、床下の状態も確認しなければいけません。

蛇口を毎回閉めていたのにもかかわらず、水漏れが発生している場合は、目に見えない部分で不具合が生じている可能性が考えられます。プロの業者に依頼することによって、原因の究明やこのまま洗濯機を継続して使用できるか、各部品の状態はよいかなどのアドバイスを受けられるというメリットもあるため、積極的に利用しましょう。

まとめ


この記事では、洗濯機のトラブルの防止方法や対処方法について解説しました。
洗濯機まわりの点検や掃除は見落としやすく、そのまま放置してしまうことが多い場所です。しかし、洗濯機では大量の水を毎日使用するからこそ、定期的なトラブル防止策を行っておく必要があります。

さまざまなトラブルの防止策を駆使して、トラブルを未然に防げるように心がけましょう。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315