岐阜の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|ぎふ水道職人 » キッチンの水漏れはどこから起きる?原因と予防方法について解説

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンの水漏れはどこから起きる?原因と予防方法について解説

2022年04月20日 キッチンの水漏れ

何気なくキッチンの床を見た時に、水漏れしていたら焦ってしまいますよね。

すぐに対処しなければ、他の部屋にも被害が及ぶかもしれません。この記事では、キッチンの水漏れの原因や水漏れ対策方法を徹底解説します。

キッチンの水漏れで考えられる原因


キッチンの水漏れで考えられる原因は、主に4つ。

■パッキンの劣化
キッチンの下側で水漏れが生じている場合には、排水トラップの劣化が考えられます。キッチンシンクの真下部分に設置してある排水トラップ。トラップを伝わって水が漏れていれば、シンクと接続しているパッキンが経年劣化している可能性が高いと言えます。

また、パッキンの寿命は10〜15年ほど。年数が経っている時は、とくに注意が必要です。

■排水ホースの破損・ずれ
キッチン下から水漏れしている場合、パッキンだけでなく排水ホースに原因があることも。とくに、ビニール製の排水ホースは経年劣化で破損することが多いため、水漏れした時には排水ホースに亀裂が入っていないかチェックして下さい。

破損していない場合でも、排水トラップとホース接続部分のずれが原因で水漏れを起こすこともあります。適切に接続できているかしっかりチェックして下さい。

■排水管の詰まり
シンク下の排水トラップ周辺からの水漏れや、シンクに水が溜まって排水されない場合は、排水管の詰まりが考えられます。

普段からシンク内に汚れを溜め込まないように注意しましょう。

■蛇口の故障
蛇口付近から水漏れしている場合は、蛇口の故障やパッキンの劣化が考えられます。シンクと蛇口の間に隙間が生じることにより、水漏れを発生させてしまうのです。

パッキンを交換することで解決することが多いですが、蛇口そのものが壊れている際は、蛇口を丸ごと交換する必要があります。

キッチンの水漏れの対応方法を解説


キッチンの水漏れを発見した際、どのように対応したら良いでしょうか。

賃貸住宅の場合と持ち家の場合では、対応方法が異なります。まず、賃貸住宅に住んでいる人の場合は、すぐに管理会社に連絡して下さい。水回りの設備の不具合や老朽化に起因する修理は、オーナー側が費用を負担するのが原則です。自分で対処するのは避けて下さい。

一方、持ち家の場合は、基本的に自分で対応しなければなりません。費用もすべて自己負担です。水漏れがそこまでひどくないのであれば、自分で対処することをおすすめします。

キッチンの水漏れがあった場合は、まず止水栓を閉めてください。止水栓には、蛇口のようにハンドルを回すタイプとマイナスドライバーを使用して閉めるタイプがあります。

自宅にあるタイプがどちらかチェックして、水を止めて下さい。止水栓が錆びていて回らないという場合には、元栓を閉めることで対処できます。水道の元栓は大抵の場合、屋外に設置されています。

一軒家の場合は水道メーター付近、マンションなどの場合は玄関横に設置されていることが多いでしょう。ただし、元栓を閉めると家中の水が出なくなるため注意して下さい。止水栓や元栓を閉めた後は、水漏れ箇所を特定します。

シンク下の収納物を全部取り出して、どこから水漏れしているかチェックしてください。排水トラップからの水漏れの場合、接続部分に使用されているパッキンの劣化が原因だと考えられます。パッキンの交換は自分で交換可能です交換用のパッキンとタオル、バケツを用意しましょう。

同じサイズのパッキンは大体交換できますが、キッチンのメーカーや型番を調べて同じものを使用すれば間違いありません。

まず、シンク下の排水トラップとシンクの繋ぎ目にあるナットを、反時計回りに回して外します。

硬くなって外しにくい時には、タオルを濡らして回すと効果的です。ナットを外して、シンク側から排水トラップを上に持ち上げて下さい。

続いて、排水トラップから古いパッキンを取り外し、新しいゴムパッキンへ交換します。このときに、ゴミなどを挟み込まないように気をつけてください。

排水トラップを下の位置に戻して、ナットを締めます。最後に水を流して、水漏れがないかたしかめて下さい。接続部分に異常が見られないときには、排水パイプ・排水ホースそのものの損傷が考えられます。

排水ホース・パイプが損傷している際は、配管用補習シールやビニールテープを貼ることで応急処置ができます。ある程度の期間はそのまま使用できますが、破損が広がってくることを考えて、早めに交換するようにしましょう。加えて、排水管の詰まりが原因で水漏れしていることも。

排水管の奥が完全に詰まっている場合は自分で対応できません。早めに水道業者に依頼して対応してもらいましょう。

キッチンの水漏れの対策


ここで、キッチンの水漏れ対策方法を3つ紹介します。

■シーリング材を使用する
シーリング材とはシリコンやゴム、樹脂などの素材のことを指します。シリコン材を使ってコーキングは、水漏れ予防に効果的です。

コーキングが大変という人は、融着テープでホースを巻いても良いでしょう。

■排水溝にゴミを流さない
食べカスや細かいゴミなどを排水溝に流してしまうと、排水管で詰まりを起こします。

また、このゴミが蓄積し逆流するら、水漏れが生じるかもしれません。三角コーナーやネットを使ってゴミが流れていくのを予防してください。

■シンクの交換やリフォームを行う
パテやコーキング剤で穴や傷を補修することはできますが、その場しのぎになってしまうことも。
さらに別の箇所に傷みが生じることもあり得ます。

シンク自体が劣化している場合、キッチンの他の場所も不具合や故障が隠れていることも考えられます。

損傷がひどく年数が経っているキッチンは、シンクの交換やキッチン全体をリフォームすれば、しっかりと水漏れ対策ができるでしょう。

キッチンの水漏れ修理を業者へ依頼する時の注意点


キッチンの水漏れ修理を業者に依頼する際には、次の2つの点に注意して下さい。

■夜間と早朝は避けて依頼する
20時〜8時までの依頼に対して、夜間料金・早朝料金を別に設けている業者がほとんどです。

通常の料金に3,000〜10,000円ほどプラスとなります。

緊急事態の場合は仕方ありませんが、応急処置で対処できるならこの時間を避けましょう。

■総額をチェック
業者によって、公式サイトに記載されている費用だけで済む場合もあれば、別途料金がかかることもあります。何にどのくらいの料金がかかるかたしかめ、追加予算が発生しないようにしましょう。

まとめ


排水トラップのパッキンの劣化や排水ホースの破損などが原因で、水漏れが生じることがあります。

水漏れが生じた場合、シンク下にある止水栓を閉めてください。また、「どこから水漏れが起こっているか」水漏れ箇所をたしかめましょう。

パッキンの交換であれば、自分で対処可能です。しかし、水漏れ部分がわからないときには、無理に自分で対応するのはおすすめできません。水道業者に依頼して速やかに対処してもらいましょう。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315