【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 洗面所の蛇口から水漏れが!自力で修理する方法を紹介!

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の蛇口から水漏れが!自力で修理する方法を紹介!

2021年08月26日 洗面所の水漏れ


洗面所で水を使用したあと蛇口を締めたはずなのに、どこからか水漏れがしている場合、蛇口にトラブルが発生している可能性があります。
洗面所は毎日使用する場所のため、すぐに専門の水道修理業者に修理を依頼しなくてはなりませんが、簡単なトラブルであれば自力で解消できるかもしれません。

そこで今回は、洗面所で起こる蛇口の修理方法について紹介します。

洗面所の蛇口の種類

洗面所の蛇口の水漏れを修理する場合、まずは自宅の蛇口がどのようなタイプか確認が必要です。
洗面所に使用されている蛇口はいくつか種類があり、種類によって修理方法が違ってくるため、事前に確認しておかなくてはなりません。

洗面所に使用される蛇口の主な種類は、以下のとおりです。

・シングルレバー混合栓
・ツーハンドル混合栓
・単水栓

・シングルレバー混合栓
レバーを上下、または左右に動かして水栓を開く蛇口です。
レバーを上下、左右に大きく動かすことにより水量が多くなったり、お湯や水の切り替えを行います。
1つのレバーで水量や温度を調整でき、力をほとんど使うことなく水やお湯を出すことができます。

・ツーハンドル混合栓
お湯と水のハンドルが設置されており、それぞれのハンドルを回して水栓を開きます。
ハンドルを回すことで水量や温度を調整できます。

・単水栓
水、またはお湯のみを出すことができる蛇口で、ハンドルを回すと水量のみを調整できます。
最近の住宅ではあまり見かけることのない、昔ながらの蛇口です。


洗面所の蛇口が水漏れする原因

洗面所の蛇口から水漏れする場合、いくつか原因が考えられます。

・パッキンの劣化
蛇口の中には複数個所にパッキンが取り付けられています。
このパッキンが劣化してくると、蛇口から水漏れする場合があります。

パッキンは水に接するパーツのため腐食しやすく、トラブルが起きやすい部分ともいえます。
パッキンは蛇口内部に取り付けられているため、蛇口を分解しなければ確認することができません。

・ハンドルの劣化
蛇口の種類がハンドルタイプで、ハンドルの下から水漏れしている場合は、ハンドルが劣化している、または中のパーツが破損していることが考えられます。

・カートリッジの劣化
レバー式の蛇口の場合、レバーの内部にバルブカートリッジというパーツが取り付けられています。
蛇口を長期的に使用するとカートリッジが経年劣化し、水漏れを引き起こします。

・蛇口本体の劣化
蛇口は消耗品のため、使用する都度劣化していきます。
そのため、パッキンがない場所から水漏れしている場合は、蛇口自体が寿命を迎えていることが考えられます。

また、蛇口そのものが故障している場合、パッキンやカートリッジを交換しても水漏れが直らないこともあります。


洗面所の蛇口を修理する前に確認すること

洗面所の蛇口で水漏れしている場合、すぐに修理にとりかかると床下など周りが水浸しになる可能性があります。
マンションだと下の階まで水漏れする恐れがあるため、二次被害が広がらないよう、まずは以下のことを確認しておきましょう。

・水漏れ箇所を特定する
どこから水漏れしているか判明していないまま修理を始めると、パーツなどを交換しても水漏れが改善されないこともあります。
蛇口をひねって、蛇口の根元やレバー、給水管や排水管などをチェックし、水漏れ箇所を確認しましょう。

・止水栓を閉める
水漏れ箇所が特定できたら次に蛇口の止水栓の位置を確認し、止水栓を閉めて水を止めます。
止水栓を閉めないまま修理を始めると、強い勢いの水が噴き出す可能性もあるため、必ず事前に閉めてください。
蛇口の止水栓は、洗面台下のキャビネット内に取り付けられていることが多いようです。


洗面所の蛇口の水漏れを修理する方法

洗面所の蛇口で水漏れが起きた場合、以下の方法を試してみてください。

・パッキンを交換する
ハンドルタイプの場合、キャップの下にあるネジをドライバーでゆるめてハンドルを取り外します。

スピンドル固定キャップを取り外し、コマパッキンを外して新しいものに取り換えれば完了です。

レバータイプの場合は、レバー根元のねじをドライバーなどで取り外します。
レバーを外してカバーナットをモンキーレンチで取り外し、カートリッジとスパウトを外してパッキンを交換すれば完了です。

・カートリッジを交換する
レバータイプのバルブカートリッジを交換することで、水漏れが改善することもあります。
レバー式のパッキンを交換する手順と同様に進め、カートリッジを取り外して交換すれば完了です。


洗面所の水漏れが直らない場合は専門業者に依頼しよう!

パッキンやカートリッジを交換しても水漏れが直らない場合は、水栓そのものがトラブルを起こしている可能性があります。
水栓本体が劣化を起こして水漏れしている場合は、自力で修理することは難しいため、専門の水道修理業者に相談してみましょう。

ぎふ水道職員は、岐阜市や大垣市、高山市や多治見市、本巣市、下呂市など岐阜県全体の水道トラブルをサポートしている水道修理業者です。
洗面所はもちろん、キッチンやお風呂など自宅の水道トラブルをすべて解決してくれるので、お困りの場合はぜひご相談ください。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315