【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » トイレタンクの水漏れを解決しよう

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレタンクの水漏れを解決しよう

2021年08月06日 トイレの水漏れ


トイレの水漏れには給水部の破損や排水管の詰まりなど、いくつかの原因が存在します。
今回はその原因の中でタンクからの水漏れについて、詳しい原因と対処法について解説します。

タンクからの水漏れは家庭でも対処が可能ですが、タンクの仕組みは普通の人にはなじみが薄い部分です。
水漏れが起こっていない場合でも前もってタンクの構造を理解し、いざというときに備えましょう。

配管やレバーから水が漏れる場合

給水管とタンクのつなぎ目から水が漏れている場合は、ナットの緩みかパッキンの劣化が原因の可能性が高いです。
一度すべてのナットを締め直して水の流れを確認し、それでも水漏れが止まらない場合はパッキンを交換しましょう。

また、配管の途中から水が漏れている場合は、給水管自体が破損している可能性があります。
この際は給水管ごと交換することになります。
給水管を交換するとパッキンも丸ごと取り替えることになるので、交換部品を買う前に原因を特定することが大切です。
トイレの設置状況や構造によって使える管が変わってきますので、メーカーのサポートページなどを確認してみましょう。

タンクのレバーから水が漏れている場合も、パッキンの劣化が原因の一つとしてあげられます。
レバーはタンクの中身とつながっているので、まずはタンクの蓋を開け、レバーの先についているチェーンを取り外してください。
そしてタンク内部のナットを外し、パッキンが中についている場合はそのまま内部から、パッキンが外についている場合はレバーを外してからパッキンを交換します。

一方、レバーは正常でもタンク内の水位が高い場合は内部のパーツが故障している可能性があります。
タンクの底から上に伸びるオーバーフロー管という部品に適切な水位のラインが示されている場合が多いので、確かめてみてください。
内部の部品の交換は次の項目で扱います。

なお、タンクの掃除や手入れをする際は必ず止水栓を止めておくことを忘れないでください。
止水栓を止めてからレバーで水を流すと、タンクの中身を空にできます。


便器内に水が漏れる場合

水を流していないのに便器内に水が漏れ出す場合は、タンク内部の部品が破損している可能性が高いです。
破損箇所を見つけて、修理や交換を行いましょう。

トイレタンクというのは、レバーを動かすことでゴムフロートという栓が持ち上がり、それにより水に浮かんだ浮き玉の位置が下がり、ボールタップという部品が反応して給水管から水が流れ込んできます。

そして水が増え過ぎたら先述したオーバーフロー感から水が流れ、適切な水位を保つという仕組みです。
そのため、これらの部品のどれかが壊れていると、水漏れが発生します。

まず、タンクの蓋を開け、浮き玉の位置を確認しましょう。
沈み込んで、何かに引っかかっていた場合は、適切な位置に戻してから水を流してみてください。
ボールタップある水位調節リングや浮き玉のアームでも水位の調節が可能なので、必要に応じて調整を行います。

ゴムフロートに問題がある場合も水漏れが発生します。
ゴムフロートがしっかりはまっているか、汚れやゴミが挟まっていないかといった点を確認しましょう。
ゴムフロートやチェーンが劣化していたら、新品と交換しましょう。

オーバーフロー管が詰まっている場合、破損している場合も水漏れが発生します。
汚れを取り除き、破損していればこちらも新品と交換しましょう。

これらのパーツに問題がない場合はボールタップが破損しているか、パッキンが劣化している可能性があります。
ボールタップは部品が多く、詳細な破損箇所の特定は少し難しい部品です。
丸ごと交換する場合は5,000円ほどで新品が購入可能です。

修理が終わった後は蓋を開けたまま止水栓を開いていきます。
止水栓を開けすぎると水漏れや破損につながるので、水位を見ながら栓の開け具合を調整しましょう。

なお、水漏れの原因を特定できない場合、あるいはタンクそのものに破損が見つかった場合はトイレメーカーのカスタマーサポートを活用するか、専門業者に相談することをおすすめします。
対処を誤ると破損が悪化する可能性もあるので、無理な修理は禁物です。


トイレのタンクは定期的にお手入れを

トイレタンクの内部は細かい部品が多く、気づかないうちに汚れやカビが発生しやすい場所です。
定期的に掃除をすることで、部品の劣化やオーバーフロー管のつまりを防ぐことができます。

内部を掃除する際には、止水栓を閉めること、内部はデリケートな部品が多いので刺激の強すぎるカビ用洗剤などは使用しないようにしましょう。
タンク内部の汚れは中性洗剤やクエン酸水を使って落とし、硬い汚れは重曹で削り落とす方法がおすすめです。

また、タンクや便器全体が老朽化している場合は新品に交換することで、お手入れの時間を減らし節水効果が期待できる場合もあります。
タンクレスの便器はメンテナンスしやすく見た目もおしゃれなものが多いので、水漏れを機に交換してみるのも一つの手かもしれません。


トイレの水漏れでお困りの方はぎふ水道職人へお電話ください

トイレから水漏れが発生してお困りの際はぎふ水道職人へご相談ください。
ぎふ水道職人は岐阜市、大垣市、各務原市、多治見市、可児市など岐阜県全般で水回りのトラブルを解決しています。

トイレの水漏れや悪臭、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にぎふ水道職人にお問い合わせください。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315