岐阜の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|ぎふ水道職人 » 頑固なトイレのつまり! 具体的な対処法とは

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

頑固なトイレのつまり! 具体的な対処法とは

2021年06月21日 トイレのトラブル


問題なく使えていたはずが、ある日突然つまってしまうこともあるトイレ。異物を落としてしまったなど、はっきりした原因・きっかけがわかることもありますが、ときには心当たりがないのにつまってしまった…と感じるケースも起こります。

今回は、トイレがつまりそうなときにあらわれるサインや、つまってしまったときに自宅でできる対処法、そしてプロである水道修理業者へ依頼した方がいいケースについてもご紹介します。ご自宅のトイレがつまってしまった際の、参考にしてみてくださいね。

トイレが完全につまる前にはなんらかのサインがみられることも

トイレのつまりは、ある日突然起こるように感じられるかと思いますが、日頃の使い方などに原因があるケースも多いです。トイレつまりに気づくきっかけとしては、トイレを使用後に水を流し洗浄しようとしたら水がちゃんと流れなかった、ということがいちばん多いかと思います。その場合、水が流れない、つまり完全につまってしまっている状態になる前につまりの前触れとしてあらわれるサインを、見逃してしまっていたのかもしれません。

たとえば、トイレのつまりが起こると便器の水位が普段よりも高かったり低かったりすることがあります。まだ水が流れる状態であっても、水の通り道がなんらかの原因で狭くなってしまっているとゴボゴボというような異音がすることも。

また、固形物が便器に落ちていた場合、それを知らずに無理に流そうとすると便器や排水管の壁にぶつかり音がするケースもあります。自分でも気がつかないうちに、ポケットなどに入れていた小物を落としたり、知らない間に子どもがおもちゃなど落としてしまっていたりすることも考えられますので、普段からトイレを流したときの音はしっかり意識してチェックしておきたいですね。

自宅でできるトイレつまり対処法

トイレつまりは、原因によっては自宅でできる方法で対処することもできます。たとえば、なんらかの異物を落としてしまったことで水の流れが悪くなったようなケースでは、その異物を取り出せればつまりは解消されるはずです。便器の中の目に見える位置よりも奥に入ってしまっていたとしても、手を深くまで入れてみると案外届くことも多いです。

小さな物は、奥の方まで流れていってしまう可能性もありますが、たとえばスマートフォンのようにある程度のサイズがある物であれば、かならず手前の方にとどまっているはずですので、視認できないときにもあきらめず、腕の方まで覆るゴム手袋をはめて手を伸ばしてみましょう。

固形物ではなく、一度に大量に流してしまったトイレットペーパーがつまりの原因であるときには、あたたかいお湯を流し込むのも効果が期待できる方法です。トイレットペーパーは水よりもお湯の方により溶けやすいので、40度から60度くらいのあたたかいお湯を流し込んでしばらく置いておくとつまっていたトイレットペーパーが自然と溶け、もとのようにきちんと流れるようになります。熱湯を使うと陶器でできている便器を傷めてしまうので、熱すぎないお湯を使うように注意しましょう。

トイレットペーパーがつまっている場合、ラバーカップも効果的な対処法となります。スッポンという名前で広く知られているラバーカップがトイレつまりの解消に使う道具ということは多くの方がご存知かと思いますが、適切な使い方まできちんと把握している方はあまり多くはないかもしれません。

まずは止水栓を止め、次に便器の水が跳ねたときのために床をビニールシートや新聞紙などで覆っておきます。この下準備が済んだら、ラバーカップを使います。便器にある程度の水が溜まっていることを確認したら、排水口を覆って真空状態にし、押したり引いたりの動作を何度か繰り返します。

こぽこぽ、という水音がしてきたら、つまりが解消されてきたサインです。一度水を流してみて、問題なさそうであればそれで作業は完了です。まだ完全にはつまりが取れておらず上手く水が流れないこともありますが、その場合には再度ラバーカップを使って同じ手順を繰り返してみてください。

頑固なつまりに関しては専門の業者へ相談しよう

自力でできることを試してみてもまだつまりが解消されないとき、そもそも何が原因でトイレがつまっているのかもよくわからないようなときには、水道修理業者へ連絡・相談することをおすすめします。原因がはっきりわからないまま、やみくもにあれこれ試しているとかえって状態が悪化する可能性もありますので無理は禁物です。

便器や排水管がどんな状態かにもよりますが、水道修理業者にトイレつまりの修理を依頼した場合の費用は10,000円前後が相場です。トイレが使えない時間が長引くのはなるべく避けたいはずですから、自力で解決するのが難しそうだと感じたら速やかに水道修理業者へ連絡しましょう。

自力では無理だと感じたらすぐに水道修理業者へ連絡するのがおすすめ

頑固なトイレのつまりは、自力での解決が難しいこともしばしば。無理をすると、かえって状況が悪化してしまう可能性もあるため、対処が難しそうだと感じたらなるべく早く水道修理業者へ連絡・相談することをおすすめします。

ぎふ水道職人では、多治見市や関市、中津川市、恵那市、瑞浪市など岐阜県内の各エリアで、トイレのつまりをはじめとした水まわりのトラブルに関するご相談を受け付けています。トイレのつまり、またその他の水まわりのトラブルでお困りの方は、ぜひ、ぎふ水道職人までご相談ください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315