岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 場所別!お風呂つまりの原因と対処方法

岐阜 地元密着、実績10万件
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

場所別!お風呂つまりの原因と対処方法

2021年01月25日 お風呂のつまり
ぎふ水道職人4
 
「水の流れが悪くて洗い場に水たまりができてしまった」「浴槽の水を流したら洗い場の排水口から逆流してきた」といったトラブルを経験した方もいるでしょう。
このような症状はどこかでつまりが起こっていることが原因です。
お風呂つまりは業者に依頼しなければ直らないと思っているかもしれませんが、軽度なものであれば自力で直すことも可能です。
そこで、ここではつまりが起こっている場所別に対処方法を紹介していきます。

お風呂で詰まりやすい場所はこの3箇所

1.排水口やヘアキャッチャー
お風呂でもっともつまりの起こりやすい場所は洗い場の排水口付近です。
排水口には大きな異物が下水に流れるのを予防するためにのカバーや、網目の細かいゴミ受け、ヘアキャッチャーなどが付いていますが、この細かい隙間に髪の毛などが絡まることで水の流れが遮られてしまうことがあります。

お風呂では石鹸やシャンプーを使って身体や髪の毛を洗いますが、このときの石鹸カスもつまりの原因です。
石鹸カス一つ一つは非常に小さなものですが、もともとあった髪の毛などに大量の石鹸カスが付着すると大きな塊になって水の通り道を遮断してしまうことがあります。

2.排水トラップ
排水口と下水管の間には排水トラップという器具が取り付けられています。
排水トラップにはお椀型のものとU字型のものがありますが、いずれも内部に水を溜めておくことで下水からの悪臭や有毒ガス、害虫の侵入を防ぎます。
このように、排水トラップには住宅内の空気と下水管内の空気を直接行き来させないという重要な役割があるわけですが、構造的に湾曲していたりお椀型のカバーがかぶさっていたりするので、どうしてもつまりが起こりやすくなってしまうのが欠点です。

たとえば、ヘアキャッチャーを通りに抜けた髪の毛が長期間にわたって排水トラップにとどまっているような状態で、そこに身体から洗い流した皮脂や垢など脂分を含んだ物質が流れ込んでくると雑菌が繁殖してヌメリが発生します。
このヌメリはつまりの原因になるだけでなく、悪臭の原因にもなってしまいます。

3.排水管
つまりの起こりやすい3つ目の場所が排水管の内部です。
この部分で起こるつまりの多くは、本来下水には流してはいけないような固形物を誤って流してしまったことによるものです。

たとえば、カミソリの刃を新しいものに交換する際に古い刃を排水に流してしまったり、髪の毛をまとめるために使っていたヘアピンやヘアゴム、指から外した指輪などを排水口に流してしまったという経験のある人も少なくないでしょう。
このような固形物が排水管の中でつまってしまうと水の流れが悪くなったり、まったく流れなくなってしまったりするので注意が必要です。

場所別!お風呂つまりの対処法

1.排水口の髪の毛にはパイプユニッシュなどの洗剤が効果的
排水口付近のつまりは比較的簡単に解消することができます。
つまりの原因が何かということが目で確認できますし、それを直接取り除くことが可能だからです。
排水口やヘアキャッチャーに髪の毛が大量に絡んでいて、それが水の流れを邪魔しているようであれば直接手で取り除いてもいいですし、パイプユニッシュなどの洗剤を使用するのもよいでしょう。

パイプユニッシュに含まれる次亜塩素酸ナトリウムや水酸化ナトリウムには髪の毛を溶かす作用があるので、排水口から洗剤を注ぎ込んで30分ほど放置するだけで手間なく髪の毛を除去してくれます。
ただし、使用する際は必ず換気をするようにしましょう。
閉め切ったお風呂の中で大量の薬剤を使用すると頭痛や吐き気などの症状が出ることがあります。

2.排水トラップのつまりには重曹とクエン酸もおすすめ
排水トラップのつまりにも洗剤は効果的ですが、ヌメリが原因の場合は完全にきれいにすることはできません。
ヌメリには酸性の汚れとアルカリ性の汚れが混在しているので、皮脂など酸性の汚れには大きな効果を発揮することができますが、石鹸カスや水道水の中に含まれるカルキなどアルカリ性の汚れは落とすことができないからです。

そこでおすすめしたいのが重曹とクエン酸です。
アルカリ性の重曹に酸性のクエン酸を加えると化学反応が起こって泡が発生しますが、この泡が酸性・アルカリ性の両方の汚れをきれいに洗い流してくれます。
重曹やクエン酸は洗剤と違って人体に優しいですし、安く購入できるのも嬉しいポイントです。
なお、重曹はセスキでも代用できますし、クエン酸はお酢でも代用が可能です。

3.排水管の固形物にはラバーカップ
排水管の内部につまった固形物は洗剤などで除去することはできませんので、ラバーカップや真空式パイプクリーナーを使うことになります。
うまくいけば固形物を吸引することができますが、自分の目で状態を確認することができないので、必ずうまくいくというわけではありません。
どうしてもダメな場合はパイプを外して固形物を押し出すということもできますが、賃貸物件だと後々問題になることもあるので、大家さんや管理会社へ連絡したうえで、業者さんに修理を依頼したほうが無難でしょう。

ここまでお風呂つまりの対処法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
お風呂つまりは起こさないのが一番で、そのためには定期的な掃除がとても大切です。
流れが悪いと感じたら早めに対処しましょう。
ここで紹介した対処法でもダメなときは業者に依頼して修理してもらいましょう。

ぎふ水道職人は岐阜市を拠点に郡上市、瑞浪市、海津市、本巣市、下呂市など義務券の全域で水道トラブルの修理・交換を行っています。
お風呂やトイレのつまり、蛇口からの水漏れなど水まわりのトラブルでお困りなら気軽に水道局指定の事業者である当社までお問い合わせください。
プロのスタッフが迅速に現地に向かいお見積もりし、その内容に納得していただいた上で作業いたします。
お支払いは現金の他クレジットカードもご利用いただけますし、後日集金も可能ですので、急なトラブルで現金の持ち合わせがなくてもご安心ください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315