【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 給湯器から水漏れしたときの解決法は?

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器から水漏れしたときの解決法は?

2020年07月09日 給湯器の水漏れ
29

給湯器のトラブルで比較的起きやすいのは、「水漏れ」です。給湯器が故障してしまうと日常生活に支障をきたすため、トラブルは一刻も早く対処したいところです。
それでは、給湯器から水漏れしたときはどうやって解決すればよいのか、早速、解説していきたいと思います。

給湯器から水漏れする原因とは

給湯器から水漏れしてしまうのは、何が原因なのでしょうか。ここでは考えられる原因をいくつか紹介します。

配管の凍結
特に冬場に多いのが、配管が凍結してしまうことです。配管内には、水が溜まっているのですが、それが氷点下以下の気温になることで、凍ってしまうことがあります。凍結することで膨張し、配管が破裂してしまいます。そして凍結した水が溶けると、破損した場所から水漏れが発生してしまいます。

実は凍結が起きるのは、寒冷地以外の地域が多いと言われています。というのも寒冷地は、もともと氷点下以下になるのが当たり前なので、配管に凍結防止策の対応が取られています。しかし、温かい地域は対策がされていないので、稀に起きる氷点下以下の気温の時に、凍結が起こります。

対策としては、水抜きが一般的です。とくに旅行や帰省、出張等で家を長く開けるときは、配管の中の水抜きをしておきましょう。冬場は特に気にかけておかないといけません。夜中から朝方にかけて一番寒いので、夜のうちに水抜きしておくことが必要です。

取り付け工事の際のミス
給湯器は、工事業者が取り付けているので、きちんと作業してくれれば水漏れは起きません。しかし、稀に工事業者が取り付け時にミスをしてしまい、それが原因で給湯器から水漏れしてしまうことがあります。工事をしたときには気づかなくても、利用していく中で接続した箇所が弱かったり、本来利用すべき部品が使われていないなど、どこかにミスがあると水が漏れます。

工事業者の方もベテランばかりではないため、不慣れな新人の方だったり、技術がない素人が行ってしまうと後々水漏れが起きやすくなります。工事業者のミスであれば、同じ業者に連絡して直してもらいましょう。利用者には不手際はないため、無料で修理してもらうことができます。

部品の劣化
給湯器に使われている、パッキンと呼ばれる配管接続分に使う部品があります。ゴムの部品なのですが、これは水漏れを防ぐために重要な役割を担っています。しかし、寿命があり10年近く使っていると、ゴムとしての弾力がなくなり、硬化してしまいます。
その結果、パッキンが役割を果たせず水漏れが起きてしまいます。パッキンがもし劣化しているのであれば、部品交換で対応できます。ただ交換するときは、一か所ではなく他の箇所もまとめて交換した方がよいです。


給湯器から水漏れしたときのリスク

もし給湯器の水漏れを放置してしまうとどうなるのでしょうか。実は、放置してしまうと非常に危険なことが起きるかもしれません。具体的にどんなことが起きる可能性があるのでしょうか。

一酸化炭素中毒になってしまう
ガス給湯器から水漏れが起きている場合、それが内部で起きた水漏れだとガスが不完全燃焼を起こしてしまう可能性があります。本来は安全装置が付いているため、正常に機能しているとガス給湯器は停止します。しかし水漏れが起きているということは、正常な状態ではないかもしれません。

そのため、ガスが漏れても停止せず、家の中でガスが充満してしまうかもしれません。その結果、一酸化炭素中毒になる可能性があります。またガス漏れを放置すると、ガス代が高騰することもあります。
一酸化炭素は臭いがせず、気づきにくいため、寝ているときに起きてしまうと非常に危険です。もしガス給湯器から水漏れが起きたときは、直るまでは利用しないようにしましょう。

マンションやアパートの別の部屋に水が漏れる
マンションやアパートなど集合住宅に住んでいる人は、自分の部屋だけではなく、周りの部屋、特に階下に気をつける必要があります。水漏れを放置してしまうと、いつまでも水が垂れ流され続け、それが下の階の部屋にポタポタと漏れてしまうかもしれません。

水漏れが原因で階下の人の電化製品などが故障すると、修理代を払わなければならなかったり、場合によっては弁償する必要が生じることもあります。また、水漏れにより自宅の水道代もいつもより高額になるかもしれません。


給湯器の修理は専門業者へ

給湯器の水漏れは、自分で直すよりも業者に相談する方がよいです。ガスを扱う場所でもありますし、間違うとより状態が悪化してしまうかもしれません。また確認しなければならない箇所も多いですし、ガス漏れの安全装置も点検しなければなりません。知識がない人は無理をせずに、業者にすぐに相談しましょう。

ちなみに給湯器の修理費用ですが、症状によって異なります。配管や水漏れの交換や修理であれば、8,000円から15,000円ほどが相場です。水栓金具関係の保証だと12,000円~20,000円ほどです。

利用している給湯器に不具合が起きたら、ぎふ水道職人へご相談ください。岐阜市、瑞穂市、山県市、本巣市、羽島市を中心に、家庭で起きた水のトラブル解決のために、日々尽力しています。給湯器の故障による水漏れは、ガス漏れと水漏れどちらも起きる可能性があり、すぐに解決しなければなりません。困ったらまずはお気軽にご連絡ください。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315