【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » トイレに異物を流してつまりが起きたときは、修理や交換をした方がよいのか

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレに異物を流してつまりが起きたときは、修理や交換をした方がよいのか

2020年05月29日 トイレのトラブル
4
トイレに異物を落とし、そのまま気づかずに流してしまったという経験をしたことはないでしょうか。トイレに入っている時は、考え事をしていたり、つい気を緩めてしまっていて、落としたことに気づかないことは珍しくありません。
もし異物をそのまま流してしまったら、どうやって解決すればよいのでしょうか。自分で解決せずに、修理や交換などを業者に依頼した方がよいのか、それとも自分で何とかできるのかなど、詳しく見ていきましょう。


トイレに異物を落とした時は慌てずに対処しよう

もし誤ってトイレに異物を落としてしまったときは、まず慌ててはいけません。パニックになってトイレ用のブラシを突っ込んだり、間違って水を流してしまうと大変なことになります。特にやってはいけないのが、水を流してしまうことです。水を流したら、異物は、排水管へと流れていってしまいます。貴重なものが、もし下水の中に流れていってしまったら、二度と取り戻すことはできないでしょう。大事なものではなくても、もし排水管の中に引っ掛かってしまったら、排水管に亀裂が走ります。最悪の場合、壁から水があふれだし、つまって水が流れなくなるなど、トイレが利用できなくなるかもしれません。

よく落としてしまうのは、スマホやおもちゃ、アクセサリーなどの固形物です。スマホを胸ポケットに入れていたり、手に持っていたものを落とすことがあります。おもちゃは子供が遊んでいてうっかり落としてしまうケースです。これらは、簡単には流れてはいきませんし、ほとんどがトイレの屈折した管の手前で止まります。だから落ち着いて取り出すとよいでしょう。普通のサイズのものであれば、流してもトイレの排水管には流れていくことはありません。

そしてよくあるのが、タオルを流してしまうことです。トイレに横にかけてあったタオルが、水を流している時に落下してしまい、そのまま流れていきます。ただ、タオルも、簡単には排水管には流れていきません。大抵は、便器を外したソケット部分で止まっていることが多いです。まずは便器の中で止まっていないかどうかを確かめ、それでもなかったら、便器を取り外し、排水ソケットを確認してみましょう。


ペットの糞は流していいの?

ペットを飼っている人は、ペットの糞をトイレに流しているのではないでしょうか。外で糞をしてそのまま持ち帰り流すのは珍しくありません。ただ実はペットの糞を流すのはあまり好ましくありません。なぜなら、ペットの糞は、人間の便とは性質が違うからです。犬や猫の糞は、水に溶けにくく、また毛も多く混じっています。ですから水に溶けずに固形のまま排水管につまり、トイレつまりを引き起こすことがあります。ペットの糞はトイレに流さず、一般ごみとして処理するようにしてください。

ちなみに、猫を飼っている人がよく利用する、ペット用のトイレ砂もトイレで流してはいけません。ペットのトイレ砂は固まって泥上になり、排水管を防いでしまい、大惨事になってしまうケースもあります。
トイレに流せるタイプの商品であればかろうじて大丈夫のようですが、極力一般ごみとして処分する方が安全です。


異物を流してしまった時の解決方法

異物を流してしまった時にまずやってはいけないのは、ラバーカップを利用することです。トイレットペーパーでトイレがつまった時にラバーカップを使うことは正解ですが、固形物のようなものを流した時は利用しない方がよいです。ラバーカップを使うことで、奥へと流れて
いってしまうことがあるからです。
トイレの排水管は、カーブのような曲線になっているため、仮に流れていったように見えても、途中で引っ掛かってしまいます。奥へいけばいくほど、取り出すことが困難になるため、ラバーカップを使うことは危険です。

まずはゴム手袋をして、できる限り奥に手を突っ込み、異物がどこにあるのか調べます。排水口の入り口にあれば、軽く引っ張ってみましょう。もしそれでも取り出せないようであれば業者に頼むのが無難です。無理に引っ張ると便器が壊れてしまいます。

中を見ても異物がない場合は、汚水桝をガードします。トイレの近くになる汚水桝にスコップ等を差し込み、異物がそれ以上流れていかないように止めておきます。強く差し込んで固定するなど、配管を傷つけるようなことはしないようにしましょう。
そして、排水テストを行います。この作業は極力二人で行うのがベストです。流す人、そして汚水桝を確認する人で分担した方が早いからです。
トイレットペーパーを丸めたものを数個つくり、トイレで流します。もしトイレットペーパーと一緒に異物が流れてきたら、それで解決です。
トイレットペーパーだけ流れてきた場合は、すでに汚水桝より先の排水管に流れてしまったおそれがありますので、そうなったら個人では対応できません。プロである業者に相談するのがよいでしょう。
トイレットペーパーも流れてこないのであれば、内部で詰まりが起きていることになります。異物は汚水桝より手前で引っ掛かっている可能性が高いため、ワイヤーブラシ等で頑張って取り出してみて、それでもだめなら業者に相談です。


ぎふ水道職人では、岐阜市、瑞穂市、大垣市、羽島市などを中心に、水道トラブルを即時に対応しています。自社で修理を行っているため、対応が非常にスピーディーで即日対応もしています。受け付けは24時間、深夜や休日料金も一切ありません。何か困ったときは、時間、曜日関係なく相談してください。



岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315