【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 洗面所の水漏れ!原因と対処法は?

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の水漏れ!原因と対処法は?

2021年08月26日 洗面所の水漏れ


水をこぼした覚えもないのに、洗面所の床に水が、といった経験はないでしょうか。
洗面台のどこかから水漏れが発生しているかも知れないの、すぐに業者へ連絡を。
と、言いたいところですが、意外と自分で対処できる水漏れも少なくないのです。

まずは、原因を調べて対処法を考えてみましょう。

蛇口からの水漏れの場合

一番わかりやすい水漏れは、蛇口ではないでしょうか。
水栓を閉めても、水が完全には止まらないのでわかりやすいのです。
完全に密閉できていないのが原因で、ゴムパッキンが劣化、もしくは傷んでいることで起こります。
ゴムパッキンには寿命があるので、長期間の使用でほぼ確実に水漏れが発生するのです。

対処法は簡単で、ゴムパッキンを交換すればよいのです。
ホームセンター等で簡単に入手できるので、自分で交換してみましょう。
但し、交換の際は、必ず止水栓を閉めて、蛇口を分解しても水が出ないようにしておく必要があります。

最近は、蛇口がハンドシャワータイプのものもあります。
基本的には通常の蛇口と同じで、取り付け部の緩みや、ゴムパッキンの劣化が考えられますが、原因が特定しにくいケースも多くあります。

細かく調べるには、ヘッドを外したりと少し面倒なので、シャワーヘッドやホースの部分が破損している場合は、そのものの交換が必要になる場合もあるので、業者に相談した方がよいかもしれません。

シャワーヘッド内に残っている水が少量だけぽたぽたと出てくる場合がありますが、これは水漏れではないでの対処の必要はありません。


接続部の問題による水漏れの場合

水回りはいくつかの部品により構成されていて、その中を水が流れています。
もちろん、蛇口もそれらの部品のひとつになりますが、部品と部品の結合部では、水漏れを起こさないようにゴムパッキンが入れられ、ナットでしっかりと締め付けています。

このナットが緩んでしまうと、締め付けが足りなくなってしまい、水が漏れてくることになります。
接続部分から水が漏れている場合は、ナットの緩み、ゴムパッキンの劣化を疑ってみましょう。

対処方法も簡単で、ナットが緩んでいるわけですから、しっかりと締め直してあげるだけで解決します。

また、パッキンに問題がある場合は、蛇口と同様に、ゴムパッキンの交換を行います。
ゴムパッキンの寿命は約10年ほどですから、それを目安に早めに交換しておくとよいかもしれません。

基本的に水回りの水漏れでもっとも多いのが、この接続部の問題となります。
それ以外の場合は、原因の特定と対処も簡単ではない場合が多いので、自分で行うよりは業者にお願いするのがよいかもしれません。


床への水漏れは詰まりが原因?

洗面台までの水漏れの場合、洗面台から排水されていくので、床が水浸しになることはありませんが、洗面台の排水口から先で起こる水漏れの場合は、そのまま床に水が流れ出てしまいます。
排水口から排水溝までの間にも、いくつかの部品があり、それぞれが接続されているので、ナットの締め付け、ゴムパッキンは最初に疑ってみましょう。

排水周りの水漏れでは、他の原因として、詰まりも良く見られます。
排水口から排水溝の間に汚れが溜まったり、異物が引っかかったりすることで、排水の流れが悪くなり、水漏れが発生してしまうというケースです。

何が原因で詰まりが起きてしまったかにもよりますが、汚れであれば、市販のパイプクリーナーなどで洗浄することも可能です。
排水口から排水溝まで、全ての箇所に有効ですから、一度試してみるとよいかもしれません。
これだけで詰まりが解消できるのであればもっとも簡単な方法ということになります。

異物が原因で詰まりが発生している場合、詰まっている異物を取り除く必要があります。
洗面台から排水口までの間には、排水トラップや排水ホースといった部品があり、大抵の場合は排水トラップで止まっていることが多いです。
また、排水ホースが蛇腹になっている場合は、ここで引っかかっていることもあります。

まずは、どこに引っかかっているのかを確認しましょう。
排水トラップ、排水ホース等を外して異物を取り除いたり、清掃をする場合は、排水トラップ内に溜まっている封水と呼ばれる水が出てくるので、必ずバケツや洗面器で受けるようにします。
その後、しっかりと清掃を行い、取り付けましょう。


詰まりを予防するには?

洗面所の詰まりも、キッチンやお風呂と同様ですが、流れるものも違ってきます。
キッチンの場合、油汚れや食材のカスがありますが、洗面台ではそういったものではなく、髪の毛や、化粧、歯磨きといった汚れが多くなります。

また、排水口にこどもがおもちゃを落としてしまったというケースもあります。
詰まりの予防には、100均などで販売されているゴミ受けが便利です。
キッチンやお風呂にはトラップがついていますが、洗面所は配管の部分にトラップがあるので、排水口にゴミ受けを置くことで、ゴミ受けの目より大きなものが排水口から先に行くことはなくなり、詰まりのリスクを減らすことができるのです。


自分で対処できないトラブルは業者に依頼しよう

洗面所の場合、お風呂でも代用が利くので慌てる必要はありませんが、いざ使えないとなると不便ですよね。
自分では対処できないトラブルの場合は、緊急ではありませんが、早めに業者に依頼しましょう。

ぎふ水道職人は、羽島市、美濃加茂市、土岐市、関市、可児市など、岐阜県を中心に水回りのトラブルを解決している業者です。
洗面所に限らず、水回りで困ったらぜひご相談ください。
年中無休で迅速に駆け付けます。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315