【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 自分でできる便器の詰まりの修理方法と詰まりの前兆について

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

自分でできる便器の詰まりの修理方法と詰まりの前兆について

2021年08月08日 トイレのトラブル


トイレの水が普段より流れが悪くて、いつもよりゆっくり流れる状態になっていたら、それはつまりかけている状態です。
この時点でメンテナンスすれば、大きなトラブルに発展することはありませんが、もしも、トイレが詰まってしまったら、自分で便器の詰まりを直せるでしょうか?
経験がないと、不安になりますね。

そんな方のために、自分でできる詰まりの修理方法を紹介していきます。

便器修理の前の注意点

いざ、便器が詰まったときに落ち着いて対処できるように、事前にチェック手順などを確認しておきましょう。

・ゴム手袋を用意して、トイレの水かさをチェックする
便器が詰まっているときは、流れが悪くなり便器内に流した水が溢れそうなほど水位が上がってきます。
はじめに、作業するためのゴム手袋は装着しておきましょう。
その上で、トイレを流し、水位がどれくらいまで高いのかをチェックしてください。
通常の量よりも水量がかなり多いときには、くみ出すことがあります。

・電源プラグや止水栓を確認する
トイレにウォシュレットや暖房便座を設置している場合は、電源プラグを抜いてひとまとめにしておきましょう。

また、電源プラグは、水がかからないよう、便器の後ろの方に束ねておくのも良いでしょう。
その後、トイレタンクの止水栓を閉めて、作業中に余分な水が給水されないようにしておきます。

・水を流したときに異音がするなら詰まりかけのサイン
一口にトイレが詰まったといっても、さまざまな症状で軽い詰まりなのか、重度なのかを判断できます。
排水したときに空気が移動するようなコポコポと異音がするのは詰まりの前兆で、軽度の詰まりと判断できます。

また、水位が急速に上がって便器から水が溢れそう、水が引くのに10分以上もかかるようなら中度、水が溢れるようなら重度と判断して良いでしょう。


軽い詰まりに有効な修理方法

普段より多めのトイレットペーパーを流したことが原因の場合や、便が詰まりの原因である場合など、水がゆっくりでも流れるような軽度の詰まりのときに役立つ解消方法を紹介します。

・中性洗剤やトイレクリーナーを使う方法
食器洗い用の中性洗剤は、たんぱく質や脂肪分の分解が得意な洗剤です。
そのため、便に含まれるそれらの成分を分解して柔らかくしてくれるので、便器内に100mlほど注ぎ入れてみましょう。

トイレクリーナーがあるときは、代用しても大丈夫です。
30~1時間ほど待ち水をゆっくり流してみて、詰まりが解消していれば完了です。


軽度~中度の詰まりに有効な修理方法

水がなんとか流れ、便器内にトイレットペーパーや便が残った状態になっているような中程度ともいえる状態のときは、内心、もう駄目だとあきらめたくなりますね。
そんなときにも使える方法を紹介するので、出来る範囲で試してみてください。

・水や湯を流す
はじめにバケツに水を5L前後用意して、便器よりも高い位置から細い滝のように流し込みます。
便器から溢れることなく流れていくようなら修理完了です。

水では目立った効果がないときは、50℃前後のお湯を用意して、水と同じように高い位置から流し込みます。
トイレットペーパーは、水よりもお湯に溶けやすい性質があるので試してみてください。

ただ、熱湯は便器が壊れる恐れがあるので使用不可、必ず50℃くらいのお湯を使いましょう。
その後は30~1時間ほど待ち、流れるようなら完了です。

・スッポンを使う
スッポンは別名をラバーカップといい、100円ショップやホームセンターで購入できる詰まり解消アイテムです。
便器の排水口の水を取り出して、排水口にゆっくり押し当てたら勢いよく引き抜いて使います。
この空気圧で詰まりを解消する仕組みです。
複数回試してみずの流れが良くなれば完了、変化が乏しいときは頑固な詰まりの可能性があります。

この他、事前に用意されているご家庭は少ないかもしれませんが、頑固な詰まりには、ワイヤーブラシもおすすめです。


固形物を落としたときは自力解消は難しい

トイレットペーパーや人間の排せつ物以外の固形物を落としたときは、便器の中に見える範囲ならすぐに取り出せば問題ありません。
しかし、携帯電話・ライター・子どものおもちゃなどの硬いもので排水口の奥に入ってしまったものは、自力で取り出すことはなかなか難しいでしょう。

また、柔らかいものでも、ハンカチ・おむつ・生理用ナプキン・おしりふき・ペットシーツ・ティッシュペーパーなど水に溶けないものを流したときは、固形物と同じように自力で取り出すことができないケースも多いです。


自分で修理できない便器の詰まりは修理のプロにお願いするのが無難

ぎふ水道職人は、多治見市、関市、中津市、羽島市、美濃加茂市、土岐市、各務原市、可児市、瑞穂市などを含む岐阜県のすべてのエリアを対象に、水回りのトラブルを解決する修理のプロ集団です。

トイレや台所など水回りのトラブルでお困りの方は、些細なことでもお気軽にご相談ください。


岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315