【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 室内だけじゃない!新型コロナウイルス対策はトイレにも必要!

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

室内だけじゃない!新型コロナウイルス対策はトイレにも必要!

2021年03月25日 新型コロナウイルス対策
室内だけじゃない!新型コロナウイルス対策はトイレにも必要!
新型コロナウイルスの感染拡大により、アルコール消毒やマスク着用などの対策を、日頃からしっかりととっている人も多いかと思います。
しかし、トイレに行った際はついマスクを外して、普段どおりに用を済ませる人もいるのではないでしょうか。
新型コロナウイルスは、どこから感染するか経路がハッキリと判明していないため、トイレで用を足す際にも、気を抜かないよう注意が必要になります。
そこで今回は、トイレでできる新型コロナウイルス対策についてご紹介します。

トイレの新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスの感染から身を守るため、トイレ内でも室内と同様の対策が必要です。

・こまめに換気を行う
COVID-19は、密閉空間で感染しやすいとされています。
そして、トイレは密室空間になっていることが多く、COVID-19が感染しやすい空間だと言われています。
トイレに窓がある場合は、定期的に窓とドアを同時に開け、換気を行うように対策しましょう。
また、トイレに換気扇が付いている場合は、24時間、回しておくようにしましょう。
ドアや窓のうえにガラリなどの通気口がある場合、通気口に埃や汚れがたまると空気が流れなくなってしまうため、定期的に清掃が必要です。

・トイレの中でもマスクを着用する
トイレ内は個室になるため、気が緩んでマスクを外す人も少なくありません。
しかし、新型コロナウイルスは便の中からも検出されるといわれているため、トイレの中でも感染リスクを避けることはできません。
室内同様、マスクは着用したままでトイレを利用するようにしましょう。

・トイレでもアルコール消毒を行う
スーパーなどで買い物をする前や買い物後にアルコール消毒をするように、トイレでも消毒は必要です。
自宅であれば、トイレの中にアルコール消毒を設置しておき、使用前と使用後に消毒するよう習慣づけておきましょう。

・トイレの際に手袋を使用する
外出先のトイレであれば、アルコール消毒を設置していない場合もあります。
また、多くの人が利用するため、消毒だけでは不安に感じることもあるでしょう。
使い捨ての手袋を用意しておき、トイレに入る前に手袋をはめ、トイレから出たあとに手袋を捨てるようにしましょう。

・トイレ内での会話は控える
友人や知り合いと一緒にトイレに行く機会があると、ついトイレ内でおしゃべりをすることもあります。
しかし、いくら換気をしているトイレとはいえ、密閉された空間には変わりません。
マスクを着用していれば問題ないと思う人もいますが、マスクも100パーセント感染を防げるわけではありませんので、注意が必要です。
話し声や笑い声が飛び交う状況は、飛沫感染の可能性を高めるため、なるべくトイレ内での会話は控えましょう。

・トイレのあとは手洗いする
トイレを利用したあとは、必ず手洗いを行いましょう。
液体せっけんなどで手のひらと甲を洗い、指先や爪の間、指の間や手首など洗い残しが多い部分もしっかりと洗います。
洗ったあとは清潔なハンカチやタオル、ペーパータオルなどでしっかりと水を拭き取り、乾燥させましょう。

・温風乾燥機は使用しない
トイレによっては、手を乾燥できる温風乾燥機が設置されている場合があります。
しかし、温風乾燥機は強い風でウイルスを放出するため、利用は控えたほうが良いでしょう。
公共施設や職場などであれば、最近では温風乾燥機を使用禁止にしている場合も多いので、使い捨てのペーパータオルを持ち歩いて対策しましょう。

トイレ掃除で感染リスクを下げよう

トイレを共有する可能性がある場合は、こまめにトイレ掃除を行うように心がけましょう。
トイレをキレイにすることで、新型コロナウイルスの感染リスクを下げることにつながります。
手や指がよく触れる場所を把握し、清掃後にアルコール消毒を行うことで、より感染リスクを下げられます。

感染を防ぐための掃除は順番がポイント

便器を掃除する際は早くウイルスを落としたいと思い、最初に便器を掃除する人も少なくありません。
しかし、便器清掃は水しぶきが飛ぶため、最初にウイルスが付着しやすい床や壁を掃除し、最後に便器を掃除します。
仕上げに便器を拭く際は、できれば一方向で吹き上げるようにしましょう。

水道トラブルはコロナ対策を徹底しているぎふ水道職人がおすすめ

トイレのコロナ対策を徹底していても、詰まりや水漏れなどのトラブルが発生することもあります。
トイレトラブルをそのまま放置すると、床の腐食やカビの発生などにつながり、ウイルスを広げる原因となってしまうため、早めの対処が必要です。

ぎふ水道職人はアルコール消毒やマスク着用などのコロナ対策を徹底しているため、安心して水道修理を依頼することができます。
また毎日の健康チェック、消毒、手洗い、うがい、手袋やマスクの着用などスタッフ全員コロナ対策には万全を期しており、安心してご依頼いただけます。

岐阜市や大垣市、各務原市、高山市、多治見市、関市をはじめとする幅広いエリアをサポートしているので、岐阜で水道トラブルが起きた際はご相談ください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315