【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » お風呂の水漏れを自分で直してみよう

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

お風呂の水漏れを自分で直してみよう

2021年03月25日 お風呂の水漏れ
お風呂の水漏れを自分で直してみよう
水回りのトラブルで多いのは、やはり、水漏れではないでしょうか。特にお風呂は大量の水を使用するので、気が付かないうちに水漏れしていると、家計にも影響が出てしまいます。

中でも代表的なものが、シャワーや蛇口からの水漏れ。これは、簡単に直すことができることも多いのです。

お風呂の水漏れはどんなものがある?

お風呂に限らず、水回りには、水漏れといったトラブルがつきものです。使われている部品には寿命があり、劣化することで水漏れが発生してしまうので、大事に使っていても、いずれ水漏れが発生してしまいます。

しかし、物理的な破損でなければ、自分でも簡単に直すこともできます。実際に、どんなところで水漏れが発生するのでしょうか。

・蛇口周り
給水管と直接つながっており、いろいろな部品が組み合わさっている場所でもあります。
部品が多いということは、それだけ接続部分で水漏れの可能性があるということになります。
接続部分がなければ、穴が開いたり、割れたりしない限りは水が漏れることはありません。
また、接続部分や、止水のための部品にはパッキンが使用され、密閉して水を止めることになるのですが、このパッキンが劣化して硬くなってくると密閉できずに、水が漏れてしまうのです。

・シャワーヘッド・ホース
きちんと止水しているはずなのに、シャワーヘッドからポタポタと水が垂れているといった経験はないでしょうか。
シャワーヘッドはその構造上、水が溜まるようになっているのですが、劣化してくると溜まった水が溢れ出してくるのです。
また、シャワーヘッドにつながるホースに亀裂があったり、接続箇所に問題があったりすると、そこから水が漏れてしまうことになります。

・浴槽
浴槽は頑丈なイメージがありますが、経年劣化によって強度が落ちてくると衝撃でひびが入ることもあります。
ひびが入ってしまうとそこから水漏れが発生してしまいます。
また、浴槽の水は排水口から排出しますが、入浴時はゴム栓で閉まっています。
このゴム栓が劣化していたり、排水口に問題があると、そこから水が漏れてしまいます。
浴槽からの水漏れに気が付かず、お風呂にお湯をはっていると、気が付かないうちに大量の水が排出されてしまうので、水道代にも大きく影響してしまいます。

手軽にできる水漏れの対処

水漏れの原因を大きく分類してしまえば、接続箇所、パッキン、部品そのものに分けることができます。接続箇所やパッキンであれば、簡単に対処することも可能です。
パッキンの交換など、分解する必要がある場合は、止水栓を閉めて、水が出ないようにしてから作業をしましょう。

・接続箇所
部品同士を接続している個所から水漏れが起きている場合、接続の状態を確認し、しっかりと取り付けを行います。
ナットなどで締め付けている場合は、ナットが緩んでいることもあります。
ナットが緩んでいる場合は、しっかりと締め付けることで、水漏れが解消されます。
但し、力任せに締め付けてしまうと、ねじの部分が破損してしまうこともあるので、適度な力で締め付けてください。

・ゴムパッキン・ゴム栓
ゴムパッキンは部品同士の接続部分や、止水部分に使用されます。ゴム製で弾力があり、その弾力で密閉しているのですが、経年劣化によってゴムが硬くなりと、しっかりと密閉することができなくなります。
また、硬化することで、締め付けたさいに割れてしまうこともあります。
劣化したゴムパッキンは新しいものと取り替えます。
ホームセンターや雑貨店で購入できるので、サイズはしっかりと覚えておきましょう。

・シャワーヘッド・ホース
シャワーヘッドは残留水が原因で水漏れを起こすことがあります。
この場合は、シャワーヘッドの残留水を抜いてしまえば水漏れは収まります。
シャワーヘッド内部の部品に破損がある場合は、その部品を交換します。
同じ部品がすぐにわかればよいですが、そうでない場合は、シャワーヘッドそのものを交換してもよいかもしれません。

シャワーヘッドにつながるホースに亀裂があり水漏れが起こっている場合は、補修用テープを使用することで、水漏れは収まります。
しかし、一時的なものですから、近いうちにホースを交換しましょう。

・浴槽
浴槽本体が破損している場合は、補修用パテを使用したり、補修用テープを使用することで、応急処置をすることができます。
後日、業者に修理を依頼することを考えれば、補修用テープのほうがよいかもしれません。
補修用パテは自分で本格的な修理をする場合がよさそうです。
その場合は、浴槽の塗装なども考えたほうがよいかもしれません。

詰まりが原因の場合も

お風呂の水漏れといっても、浴室から外に水が漏れるということもありますよね。
これは、排水が追い付いていない状況が考えられます。排水周りの詰まりが原因ということになります。お風呂では、石鹸カスや皮脂、また、髪の毛などが排水口内で詰まっていることが考えられます。
排水口から、排水トラップを外し、清掃を行うことで詰まりは解消されます。
排水管の詰まりの場合は、市販のパイプクリーナーや、重曹、クエン酸を使用して洗浄してみてください。
それでも詰まりが解消されない場合は、高圧洗浄機が必要になりますが、ここまでくると業者に依頼した方が早いですし、自前で揃えるよりも安上がりです。

対処に困ったら業者に依頼しよう

簡単なものならDIYも可能ですが、浴槽の交換や、排水管の洗浄となると自分では難しいかもしれません。
自分では難しいと思ったら早めに業者に連絡して対処してもらいましょう。

ぎふ水道職人は、大垣市、各務原市、多治見市、中津川市、美濃加茂市など、岐阜県を中心に水回りのトラブルを解決している業者です。岐阜県での水回りのトラブルは、ぎふ水道職人にご相談ください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315