【水道局指定工事店】岐阜のトイレつまり・水漏れ修理なら「ぎふ水道職人」 » 給湯器の水漏れ、原因は1つじゃない

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

給湯器の水漏れ、原因は1つじゃない

2021年05月06日 給湯器の水漏れ


毎日の生活に欠かすことのできない給湯器のトラブルの中に、「水漏れ」があります。給湯器の水漏れを見つけたら、放置するのはとても危険なので、すぐに原因を調べて対処する必要があります。ここでは、給湯器から水が漏れる原因や、どのように対応すればいいかをご紹介します。

給湯器から水が漏れる原因

給湯器から水が漏れ出す原因には、様々なものがあります。ここでは、対処が必要な場合と、そうでない場合に分けて説明していきます。

対処が必要な水漏れの原因

・施工不良
給湯器を設置してからあまり時間が経っていないにもかかわらず、水漏れが起こった場合、施工不良が原因であると考えられます。この場合は、設置を行った業者やメーカーに連絡をして下さい。無償で対応してもらえます。

・凍結による配管の損傷
寒い日の朝に水漏れが起こった場合は、配管の凍結による破裂が原因だと考えられます。凍結により水が凍ることで膨張して配管が破裂し、朝になって氷が溶ける際に、亀裂の入った配管から水が落ちるようになります。寒冷地や豪雪地帯では、給湯器にあらかじめ防寒対策を行っている給湯器が多いので、配管の凍結による水漏れは、比較的暖かい地方(関東や関西など)で多く発生するそうです。

・その他
他には、経年劣化により、部品として使われているゴムパッキンが硬くなる、弾力がなくなるなどの現象が起きて水が漏れる場合があります。

対処が不要な水漏れ原因

・凍結予防や減圧のための水抜き
給湯器には、「水抜き栓」というものが必ず付いています。これは、給湯器内部の配管の凍結を防ぐためや、長期間給湯器を使わない場合に、給湯器内部の圧力を下げるために、内部に残っていた水を放出する栓です。この水抜き栓から水がポタポタと落ちている場合のみ、対処の必要はありません。ただし、ポタポタではなく、大量に勢いよく水が出ている場合は、業者に連絡して下さい。

水漏れを放置しておくと、こんな事故に!

もし、給湯器から水が漏れているにもかかわらずそのまま放置した場合には、どんなことが起こるのでしょうか?まず挙げられるのは、給湯器の不完全燃焼による一酸化炭素中毒です。給湯器のバーナーに漏れた水がかかり続けると、バーナーが不完全燃焼を起こして一酸化炭素を発生させます。一酸化炭素は毒性が強いにも関わらず、無色透明な気体なので気づきにくく、気づいたときには既に手遅れ、ということにもなりかねない、大変危険な物質です。

ただ最近の給湯器には、不完全燃焼を起こすと自動で給湯器を止める「安全装置」が付いていますので、手遅れになる前に事故を回避できるようになっています。他には、給湯器の電気系統に水がかかることで回線がショートし、漏電を起こしてしまうことがあります。

また、マンションなど集合住宅で、水漏れに気づかずに放置していると、最初は少量の水だったものが、破損が進むことでどんどん量が増え、それが階下に漏れ出してしまう恐れもあります。水漏れに気づいたら、何はともあれ早めの対処が肝心です。

修理か交換か

給湯器から水漏れなどのトラブルが起きた場合、修理をしても今の給湯器を使い続けるか、それとも交換するべきか、迷いますよね。目安となるのは、給湯器の使用年数です。

・使用1~2年
購入してから1~2年と、比較的新しい給湯器の場合、メーカーの保証期間内であることが多いので、この年数なら無償で修理してもらえる可能性がかなり高いです。ですので、迷わず修理を選択し、メーカーに依頼しましょう。

・使用7~10年
メーカーの保証期間は過ぎていますが、10年以内のものならば、有償で修理することが可能です。その製品が販売されてから10年間は、メーカーが部品の生産を行っているので、修理することができるのです。ただし、7~8年も経つと、どうしても経年劣化によるトラブルが起こりやすくなります。ガス会社やメーカーに修理を依頼しつつ、交換も視野に入れて後続機種の情報を入手しておきましょう。

・使用10年以上
購入して10年以上の給湯器が故障した場合、既にメーカーの部品の生産が終了しているため、修理ができない可能性が高いです。後続機種への交換をおすすめします。10年前の機種と比べて、今の給湯器は省エネ設計となっており、ガス代や水道代などを抑えることができるので、コストパフォーマンスの面ではお得です。メーカーやガス会社に問い合わせ、後続の機種を教えてもらい、ついでに見積もりをしてもらいましょう。その給湯器の型番や相場が分かります。ネットなどを駆使すれば、見積もりより少しお得にゲットできるかも知れません。

ぎふ水道職人では、給湯器のトラブルも受け付けています。

給湯器からポタポタと水が漏れている場合は、放置せずしっかりと原因を確認し、対処が必要なら早めに行うのが、被害を最小限にとどめるコツです。ぎふ水道職人では、給湯器のトラブルについても、積極的にご相談を受け付けております。岐阜市、大垣市、各務原市、多治見市、高山市を始め、岐阜県内で実績のあるぎふ水道職人に、ぜひご相談下さい。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315