岐阜の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|ぎふ水道職人 » トイレの水漏れは何が原因?修理方法と修理費用について解説

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れは何が原因?修理方法と修理費用について解説

2021年03月29日 トイレの水漏れ


水回りのトラブルは放っておけない

水回りのトラブルは誰もが経験したことがあると思います。
水回りの設備は生活を送る上でとても重要なため、使用できないと非常に不便なものになってしまいます。
仮に最初は小さなトラブルであっても、放置しておくことは危険です。

なぜなら、時間の経過とともに状況は悪化し、大きなトラブルへとつながってしまうからです。
万が一水が溢れ出してしまうと、床に広がってしまうこともありますし、最悪の場合下の階に浸透してしまうこともあります。
そのため、何か異変を感じたらすぐに修繕を試み、改善されない場合は業者に連絡することをおすすめします。


トイレで水漏れしやすいのは給水管(給水タンク)と排水管

水回りのトラブルで多いのがトイレのトラブルです。
トイレの水が漏れてしまったり、溢れてしまったりすることもあります。
トイレの水が漏れの場合、考えられる水漏れ箇所は大きく分けて二つのパターンがあります。

一つ目は給水管(給水タンク)で二つ目は排水管です。
トイレに水を補給するタイミングで水が漏れているのか、排水するタイミングで水が漏れているのか、多くの場合このどちらかに不具合が生じています。

・給水管(給水タンク)からの水漏れ
給水管(給水タンク)からの水漏れの場合、トイレに水を補給するタイミングでの水漏れとなります。
給水管は鉄やステンレスなどで作られていることが多く、一般的には曲線を描いた形となっています。

そのため、経年劣化により曲がっている部分に負担が生じて、給水管と給水タンクのつなぎ目のパッキンが傷んでしまっていることもあります。
まれに、給水タンクにヒビが入っていることにより水が漏れてしまうこともあります。


・排水管からの水漏れ
排水管からの水漏れの場合、トイレの水を流すタイミングでの水漏れとなります。
排水管は太く頑丈に作られていますが、地震や経年劣化の影響で痛みが生じ水漏れの原因となることがあるのです。

または、トイレットペーパーなどが詰まってしまうこともあります。
中には、やスマホ、ガラケーなどの携帯電話、鍵やハンカチなどの異物を胸ポケットから落としてしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。

詰まってしまうと、水が排水されないにもかかわらず給水は行われるため、水が溢れてしまうのです。
排水管の水漏れは、排水管自体に問題がある場合と、詰まりが原因の場合が考えられます。


水漏れが発生したときの応急処置

トイレの水漏れを発見した場合、まずはどこから水漏れが発生しているのかを見つけましょう。
少量の水漏れの場合、どこから漏れているのか分かりづらいこともあるため、最初に発生源を見つけることが大切です。

前述のとおり、水漏れが多い箇所は給水管(給水タンク)と排水管です。
まずはこの二つの箇所をよく目視または乾いたタオルなどを用いて水漏れの有無を確認しましょう。

・給水管の応急処置
最初にやるべきことは水の元栓を止めることです。
一般的にトイレの近くの蛇口から給水管を使ってトイレに給水しているため、水の元栓を閉めることにより、それ以上水が漏れることはありません。
水の元栓を閉められたら、給水管自体にヒビなどが入っているのか、つなぎ目から漏れ出しているのかを確認しましょう。

給水管にヒビが入っていて、そこから漏れ出しているのであれば部品の交換が必要になります。
部品の交換は業者に依頼することがおすすめですが、業者が来るまでの応急処置として防水テープで巻くことによって水漏れを抑えられることもあります。

防水テープがない場合はビニールテープでも有効です。
何かを巻き付けることにより、水を漏れされないようにしましょう。

つなぎ目から漏れ出している場合はパッキンの交換が必要になり、業者に依頼する必要があります。
それまでの応急処置として工具で締めることが有効です。
工具を用いてボルトを締めることにより水漏れを抑えましょう。


・給水タンクの応急処置
給水タンクから水漏れが確認できた場合、タンクにヒビが入っている可能性もあります。
ヒビが入ってしまっていると、そこから水漏れが漏れ、塞ぐことは困難です。
そのため、部品の交換が必要となるでしょう。

タンクの交換は個人で行うには困難なため、業者に依頼することが望ましいと言えます。
まずは、防水テープなどを使って最低限の応急処置をした後は、なるべく早めに業者に依頼しましょう。


・排水管の応急処置
排水管に詰まりが生じてしまい、水が溢れているのであれば、ホームセンターなどで器具を購入することにより改善される可能性があります。

しかし、慢性的に詰まり、異物が便器の奥に入ってしまって取れないようでは、業者に依頼するのがおすすめです。
排水管自体から水漏れが発生しているのであればヒビが入っている可能性もあるため、業者に依頼し、部品交換が必要になります。


トイレから水漏れがしたらぎふ水道職人へお電話ください

ぎふ水道職人では、岐阜市の他、大垣市、高山市、多治見市など岐阜県全域でお風呂の水漏れ等をはじめとした水まわりのトラブルの解消をお手伝いしています。

24時間365日年中無休でお電話を受け付けており、迅速にスタッフが現場に駆け付け、原因に応じて適切に対応しています。
水漏れやつまりなどでお困りであれば、お気軽にお電話ください。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315