岐阜の水道修理、お風呂、トイレ、台所の排水管のつまり修理|ぎふ水道職人 » トイレのつまりはラップで解消できる?

岐阜 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまりはラップで解消できる?

2022年10月31日 トイレのトラブル


トイレがつまってしまったけど、道具が何もなくて困ったという経験はないでしょうか。

トイレのつまりは、家にあるラップで解消することができるかもしれません。焦らずに落ち着いて対応しましょう。

本記事では、トイレがつまる原因とラップを使って直す方法について詳しく解説します。「

急にトイレがつまってしまい、道具もないためどうしたらいいかわからない」という方は一度試してみてください。

トイレがつまってしまう原因とは


トイレがつまる原因はさまざまです。ここでは主な原因を紹介します。

トイレットペーパー
水に溶けにくいトイレットペーパーを使用したり、一度に大量に流したりすると、トイレが流れにくくなることがあります。

製品によっては水に溶けづらい品質のトイレットペーパーもあるため、購入前にきちんと確認するといいでしょう。トイレットペーパーは一度に少量ずつ使い、数回に分けて流しましょう。

排せつ物
トイレットペーパーと排せつ物を流す際、一度に流す量が多すぎるとつまる場合があります。つまりを防ぐため、数回に分けて流すといいでしょう。

生理用品やおむつなどの異物をトイレに流した
生理用品やおむつは吸水性に優れた素材でできているため、トイレに流してしまうと、排水溝で膨張してトイレをつまらせてしまいます。

生理用品やおむつはトイレットペーパーのように水では溶けません。そのため、排水溝内に入ってしまうと水を吸収して膨らみ、トイレをつまらせます。排水溝の奥に入り込んでしまい取ることが難しい場合は、便器交換をする必要があるかもしれません。

水圧が弱い
トイレのレバーを押すと水がタンクから便器内に流れますが、水流に勢いがないと十分な水圧が得られません。便器内の水を排出する通り道は複雑に曲がっているため、トイレットペーパーや排せつ物を押し流すには強い水圧が必要です。

水流が弱いときちんと流れずトイレがつまる原因となります。側に、トイレットペーパーをいつもより多く使用した場合は、強い水流で流すようにしましょう。

固形物がつまっている
トイレを使用した際、ポケットからボールペンやアクセサリーなどがトイレに落ちてしまうことがあります。落ちてしまった固形物はすぐに取り除くことが重要です。

排水溝の曲線部に固形物が引っかかると、水の通り道を狭め、水の流れが悪くなります。水の流れが悪くなったトイレは、トイレットペーパーの使用量が普段と同じでも流れないことがあります。ラップを使った解決方法はおすすめできません。

トイレがつまってしまったら


トイレがつまったら、必要以上に何度も水を流さないようにしましょう。水を流すたびにトイレに水がどんどん溜まり、便器から水があふれてしまうことになりかねません。

水があふれるのを避けるため、止水栓を止め、ウォシュレットがついている場合はウォシュレットの電源も切っておきましょう。水の流れの元を断っておくことで安心して作業に取りかかれます。

トイレのつまりはラップで解消できる


トイレのつまりをラップで解消する方法について詳しく解説していきます。この方法は汚れることも少ないため一度試してみましょう。

ラップで解消できるのは水に溶けるつまりだけ
ラップを使った解消方法が有効なのは、トイレットペーパーや排せつ物などの水に溶けて流せるつまりです。

固形物がつまった場合にこの方法を実践すると、固形物を奥へと流れていってしまうかもしれません。ペンやアクセサリー、洗剤のふたなどの水に溶けないものがつまってしまった場合は、水道業者に依頼しましょう。

トイレのつまりをラップで解消する手順
まず、便器のふたと便座を開け、ラップで便器を覆います。ラップを何枚か重ねて、隙間ができないように密閉してください。ラップで便器を覆ったら、破れや隙間がないことを確認し、密閉した状態でトイレのレバーを引き水を流します。

水が流れると便器内の空気でラップが膨らむので、ラップの中心を手でぐっと押してください。トイレのつまりの原因を、空気の圧力で排水溝に押し流します。

ラップを押して手を離す動作を繰り返しましょう。ラップを押すときは、軽く押すことがポイントです。力を入れすぎるとラップが破れたり、便器から外れたりして、ラップを便器内に落としてしまうおそれがあります。

ラップを押してもつまりがなかなか解消されないときは、水を流す手順から繰り返してみてください。

便器内の水位が下がってきたら、つまりが解消されているということです。水が流れるようになったら、ラップを外しゴミ箱へ捨てましょう。

ラップを使った方法は、水の流れを利用してトイレのつまりを解消します。トイレットペーパーや排せつ物といった、水に流せるものがつまってしまった際に有効です。

異物や固形物がつまってしまっている場合には、悪化させる恐れがあるためおすすめできません。自身で解消できないつまりはプロに依頼しましょう。

また、ウォシュレットつきのトイレは密閉するのが難しいため、ラップを使う方法では直せないことがあります。

便座ごと外して作業をすることもできますが、自分で便座を外したり取りつけたりするのは大変です。ウォシュレットつきのトイレを使っている方は、最初から水道業者に相談した方がいいでしょう。

自分で解消できないつまりは水道業者に依頼しよう
ご紹介した方法を自分で試してもつまりが解消しない場合は、固形物や、生理用品、おむつなどの異物が原因の可能性があります。

つまりを無理に自分で直そうとすると悪化させてしまい、便器や排水管の取り外しなどの大がかりな作業が必要になる可能性があります。その分修理費用もかさむため、早めに修理を依頼しましょう。

トラブルは突然起こるので、トイレがつまっていて水が溢れてしまっているといった緊急事態であれば、水道業者へ依頼することをおすすめします。自宅から近くすぐに対応してもらえる水道業者に連絡してみましょう。

業者を選ぶ際には、自治体から認可されている水道局指定業者かどうか、料金体系が明瞭か、保障やアフターサービスの内容は充実しているかなどをきちんと確認しておきましょう。

依頼するなら施工実績が豊富な信頼できる業者を選びたいですよね。営業年数が長ければ長いほど、水回りのことについて技術やノウハウが豊富である可能性が高いので、きちんと確認しましょう。水道業者のホームページに掲載されている施行事例も事前に確認しておくと安心です。きちんと見極めて優良な水道業者に依頼しましょう。

まとめ


この記事では、トイレがつまってしまう原因と、トイレのつまりをラップを使って解消する方法について解説しました。

ラップはどのご家庭にもあるような身近なものです。手軽にできるので、トイレがつまって困った際には、ぜひ試してみてください。ただし、ラップを使った方法が有効なのは、トイレットペーパーや排せつ物といった水に流せるつまりのみです。

異物や固形物がつまっている場合には、悪化させてしまう恐れがあります。場合によっては便器や排水管を交換しなければいけなくなる可能性があるので、ご紹介した方法でも解消できないつまりは水道業者に依頼しましょう。

自宅から近く、迅速に対応してくれる業者がおすすめです。

岐阜のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「ぎふ水道職人(岐阜水道職人)」

お電話一本ですぐに駆けつけます!

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315

ぎふ水道職人(岐阜水道職人) 0120-492-315